Magic Sam’s influence マジック・サムについて

 

Another major influence in my younger days was Magic Sam. His masterpiece albums 

 “West Side Soul” and “Black Magic”, recorded in the 1960s are still among the top of my favorites. 

僕が若い頃に影響を受けたもう一人は、マジック・サムだ。彼の2大傑作アルバム、“ウェストサイド・ソウル” と “ブラック・マジック” は今も最も好きなアルバムの中に入る。 

  

His distinguished guitar tone in these albums was attributed to the “mini-humbucker” pickups on Epiphone Riviera manufactured in the 1960s. But equipment contributes to only a part of his sound. 

この2枚のアルバムでの彼のそれと分かるギターのトーンは、1960年代に製造されたエピフォン社のリビエラの “ミニ・ハンバッカー” と呼ばれるピックアップから来る。しかし器材だけでは、彼のサウンドは再生できない。 

  

For example, his Stratocaster extends notes beautifully in his fire breathing performance at the Ann Arbor Blues Festival Live in 1969. In the rare video footage of his performance in Europe in the same year, he was playing Earl Hooker’s Les Paul guitar. The boogie groove with his finger picking was out of this world. 

例えば、1969年の有名なアンアーバーでの命を削るようなライブでは、ストラトキャスターを使って独特のよく伸びる音を出している。また、唯一の動画として残っている同年のヨーロッパツアーで、アール・フッカーのレスポールを使ってのフィンガー・ピッキングによるブギーのノリは圧巻だ 

  

So far I have covered many Magic Sam tunes along with my other two favorite Chicago Westside Blues Guitar players’ tunes - Otis Rush and early Buddy Guy. 

これまで僕は、マジック・サムの曲をよく演奏して来た。シカゴ・ウェストサイド・ギターブルースの巨人、オーティス・ラッシュと初期のバディ・ガイの曲も。 

  

In the past few years while I was living in Chicago, I dared to play Magic Sam’s song entitled I Feel So Good. It is a talking style fast boogie. When I nailed it on stage, I realized that at last I covered almost all the blues songs I wanted to cover since I started digging the traditional Chicago Blues in my youth. 

シカゴに住んだこの数年の間に、僕はマジック・サムの I Feel So Good という曲を大胆にも演奏していた。トーキング・スタイルの速いブギー曲だ。ステージでこの曲を自分の思い通りに演奏出来た時、これまで長年にわたり掘り下げてきた伝統的なシカゴブルースの曲で、カバーしたい曲はもうほとんどやってしまったと感じた。 

  

This recently prompted me to start writing a few of my own songs. However it is not something I generate out of the blue. I stand on the ground of traditional blues and early R&B that blues & soul giants created decades ago. 

それで最近になって、自分の曲も少し書き始めた。しかしそれは、無から有を生じるような類いではない。僕は、何十年も前にブルースやソウルの巨人が造り上げた、伝統的なブルースや初期のR&B の土台を踏まえている。

Leave a comment

Add comment