You are visitor number: 3772

Solo performance in Chicago ソロ・パフォーマンス 

 

This week I made a debut as a solo performer in the Chicago area. Over the past 5 years before I came to Chicago, most of my activities had been trio settings with bass and drums. 

今週シカゴ郊外で、ソロ・デビューした。この5年間、シカゴに来る前はほとんどがベースとドラムとのトリオで演奏してきた。 

  

Playing solo requires keeping the time on the guitar, filling the space, while singing all at the same time. Without a rhythm section, I am exposed naked to the audience because any misnotes or off beat can be heard. 

ソロで演奏するには、ギターでリズムをキープしながら空間を埋め、それと同時に歌を歌う必要がある。リズム・セクション無しでは、自分のミスがモロに聞こえてしまうため、丸裸と同じだ。 

  

The sound image of my solo performance may be reminiscent to some people of the music in Magic Sam’s solo album “Give Me Time”. Plus, I use a resonator to play slide guitar in open G or open D tuning. It is a mix of traditional Chicago Blues and early R&B as I usually perform with my own band. 

音の感じはマジック・サムのソロアルバム “ギブミー タイム” に近いものがあるかも知れない。加えてドブロギターで、オープン G か オープン D チューニングのスライドギターも弾く。伝統的なシカゴブルースと初期のR&B曲を混ぜ、普段自分のバンドで演る音楽と変わらない。 

  

Shortly I plan to add a hands-free harmonica to my solo performance. It is the beginning of diversifying my marketability. 

近いうちにハーモニカをソロ・パフォーマンスに加える予定だ。いよいよ自分の商品価値を多様化する方向に進み始めた。

Attempt to be a multi-instrumentalist 複数の楽器を演奏する試み 

 

I have recently started playing bass guitar at local blues jams. A few months ago I also started playing drums as a jammer as well 

先日、当地のブルース・ジャムセッションでベースギターを弾き始めた。数ヶ月か前には、ドラムでもセッションに参加している。 

  

Knowing how to play multiple instruments helps to know exactly what I want for my band sound. 

複数の楽器を演奏することは、自分の出したいバンドの音を知るのに役立つ。 

  

The early practice method that fits me best is to find a whole album with varieties of songs that I can play along with day to day. I have a few of those for bass and drums, respectively. 

自分に適した初期の練習法は、色々な曲調の入ったアルバム一枚全体を通して、日々それに合わせて音を出すことだ。ベース用とドラム用に、それぞれ数枚ずつ練習用のアルバムがある。 

  

For example, The Aces’ two studio albums are classic text books to play the traditional Chicago Blues. 

例えば、ザ・エイシズのスタジオ・アルバム2枚は、伝統的なシカゴブルースの古典的な教科書だ。 

  

In my opinion, whether I can be fluent in new instruments or not depends on the product of intensity and durations of practice. It would take years of effort to be consumable in public. 

新しい楽器をある程度モノにできるかどうかは、練習の集中度と長さの積によると思う。ライブで演奏できるようになるまでは、何年もかかるだろう。 

  

As I already play guitar and harmonica, I am now headed toward all one-man band recording in the not too distant future. 

僕は既にギターとハーモニカを演奏している。そう遠くない将来、楽器を全て自分で演奏するワンマンバンドでアルバムを録音したいものだ。

Networking (2 of 2) ネットワーキング(その2) 

(continued) 

One of the great things about Chicago is that many of the musicians and venues are open to new players who seek exposure. But whether it could lead to a job is another story. I would have to be in the right place at the right time. 

(続き)  シカゴの良いところの一つは、多くのミュージシャンやナイトクラブが、露出を求める新参者に対してオープンで、飛び入りで演奏をさせてくれる。が、それが簡単に仕事に繋がるわけではない。店やバンドが求めている、そのタイミングにハマる幸運が必要だ。 

  

It is a very competitive market for blues musicians in town, but without trying opportunities will never knock on my door. 

この街のブルース・ミュージシャンは、誰しも仕事を探している。しかし、競争が激しいからといって努力することを諦めたのでは、チャンスは巡って来ない。 

  

When I go out to blues clubs, I usually stop by several places to make best use of my time. There is no lack of places to go to in Chicago. Great music is happening nightly in this town. 

僕はブルース・クラブに出かける時は、一晩に数ヶ所立ち寄る。時間を有効に使うためだ。シカゴでは、毎晩良いライブ音楽を聴く店には事欠かない。 

  

This past year I enjoyed playing blues to my heart’s content in Chicago. My ultimate goal is to establish my own name here, but it is a long long way to go. I have set my milestone check point in next year. I will see what 2019 will bring. 

この1年は、シカゴでブルースを演奏することを堪能した。自分の究極の目標は、自身の名前と顔を広く知られることにある。今年のある時点で、その長い道のりのどの辺りに居るのかをチェックするつもりだ。2019年は飛躍の年となるかどうか。

Networking (1) ネットワーキング(その1) 

When I am not working, I am networking. My networking is not only for seeking potential opportunities for myself, but also for searching players who could support my own gigs when I have one. Having good players for my own gigs is crucial to build a reputation as a band. 

僕は仕事をしていない時は、人に会ってコネ作りに時間を割いている。それは自分の仕事のチャンスを探すだけでなく、自分のライブの仕事が入った時にそれを助けてくれるミュージシャンを探す目的でもある。優れたプレーヤーをバックに持つことは、自身の名声を高めることに繋がる。 

  

Music business is a “business” to interact with people - audience, fans, musicians, bookers, venue staff, and those in the industry. Without self-promotion, nowadays, there is no way I can survive in this business as an independent musician. 

音楽で飯を食うことは、人と関わらずには居られない。それは、聴衆、ファン、ミュージシャン、プロモーター、クラブのスタッフ、業界の人々などだ。昨今では、ミュージシャンとして独立した活動をするには、自己宣伝をせずしては生き残れない。 

  

In my life, I always thought I had never had interpersonal skills to socialize well with people. Being a loner myself, I would rather be left alone by nature. No days go by without regretting what I should have said or done differently to the people I met in the past. 

これまで、人との付き合いは苦手だった。自分の性分で、こっちのことは他人からは放って置いてもらいたいタチであった。人に会うたび、あの時はこう言えばとか、こうすれば良かったのにと思うのが常だった。 

  

But no one would feed me opportunities on a silver platter. Now I am forcing myself to go out and meet new people. I am also intensifying my effort to be seen in public. Being a newcomer to this town, I need to be seen by as many people and as often as possible. 

しかし、自分が行動せずには、向こうから誰もチャンスを与えてはくれない。さらに、自分の演奏が出来るだけ頻繁にかつ多く人の目に留まるよう心がけている。 

  

(to be continued 続く)

My 2nd year in Chicago シカゴで2年目 

Since last Spring, I have been playing quite a few gigs every month in Chicago with the J.W. Williams Band, and with my own band as well. 

この春以来、JWウィリアムのバンドと自分自身のリーダーバンドを合わせて、毎月シカゴでかなりの数のライブを行なってきた。 

  

Playing in public constantly is the best way to polish my performance. I feel I am close to reaching a peak in my play in both guitar and singing. 

聴衆の前で常に演奏するのは、腕が磨かれる。ギターと歌の両方で、自分のパフォーマンスがピークに近づいているような気がする。 

  

Last Fall, I came to Chicago to pursue what I consider the traditional sound of Chicago Blues. Every now and then, however, I receive requests from the audience to play a more contemporary style of blues such as SRV, Santana, and the like. 

昨年秋に僕は、シカゴの伝統的なブルースサウンドを追求するためにシカゴに来た。しかし、時々ながら、聴衆からもっとコンテンポラリーなブルースのリクエストが来たりする。スティービー・レイ・ボーンやサンタナなどだ。 

  

Over the years, the sound of blues music has changed, and so has the taste of the audience. 

時代とともに、ブルースの音は変わったし、ブルース・ファンの好みも変わった。 

  

Before I got heavy into Chicago Blues in my youth, I was digging British Rock (Cream, Deep Purple, Led Zeppelin, ELP), American Rock (CCR, Grand Funk), and Southern Rock (Allman Bros., Lynyrd Skynyrd), etc. 

僕は昔はロック少年で、シカゴブルースに深くハマる前は、ブリティッシュ・ロック (クリーム、ディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、ELP)、アメリカン・ロック (CCR、グランドファンク)、サザン・ロック(オールマン・ブラザーズ、レイナード・スキナード)等をよく聴いていた。 

  

However if I am ever requested to play Sweet Home Alabama on stage in Chicago, I might have a little bit of reservation despite knowing that it is a crowd pleaser. When in Chicago, do as the Chicagoans do, after all. 

しかしシカゴでライブ中に、お客さんからスィートホーム・アラバマのリクエストが来たりすると、その曲がウケるとわかっていても、少し躊躇するかもしれない。郷に入れば郷に従う、か。

 

Taildragger  テールドラッガー 

I had the pleasure of playing a gig with Taildragger at the Waterhole Lounge last night. I dig his music - the old school Chicago Blues, a rare find nowadays even in Chicago. 

昨夜はたまたま、テールドラッガー氏のライブにギターで雇って頂いた。氏の音楽は、僕の一番好きな伝統的なシカゴブルースだ。きょうびは、シカゴですらそのサウンドは珍しい。 

  

In my humble opinion, he is one of the last lines of defense along with a handful of blues legends of his generation still alive and well. They carry the torch from the heyday of traditional Chicago Blues. 

私見では、テールドラッガー氏は、一握りの彼の同世代の伝説的なプレーヤー達と並び、全盛期の伝統的なシカゴブルースを固持する、いわば最後の砦だ。 

  

Strong stage presence is something that these star performers have in common. Says Mr Dragger, “I did not take your woman. You gave her to me!” Really? 

これらのスターに共通するのは、ステージでの存在感が非常に強いことだ。ドラッガー氏いわく、“俺はアンタの女を横取りしたんじゃ無い。お前が俺に彼女をくれたんだろ”と。ホントか?

Following Dreams 夢を追うこと 

 

The other day I read an article about Junko Yazawa, the first Japanese female physical trainer in the Major League Baseball (with Diamondbacks). I had the pleasure of meeting her in Austin TX when I was living there over 10 years ago. 

先日、現在アメリカ大リーグ(ダイアモンドバックス)で、日本人女性では初めてのフィジカルトレーナーをされている谷沢さんの記事を読んだ。僕が10数年前に、テキサス州オースチンに住んでいた頃に、お会いしたことがある。 

  

The inspiring part of her story was that she is following her dream of pursuing her career in the US after she paid her due to go over the obstacles. Doing something unprecedented would be like walking a long dark road at night alone feeling solitude and anxiety, and finally seeing a light at the end of the tunnel. 

その記事で感銘を受けた点はやはり、下積み期間を経て、日本人女性として初めてのキャリアにたどり着いたことだ。前例にない事をやるのは、暗い夜道を孤独と不安に耐えてトボトボ一人で歩き、ようやく次の街の灯りが見えたような安堵感があるに違いない。 

  

For those who desire to immigrate to this country, so called Green Card (permit for permanent residency) is a must have. The value of it could be heavier than the weight of earth to them because their life will be denied without one. I have been through the process of obtaining one myself a few decades ago. 

アメリカ移住を願う者にとっては、いわゆるグリーンカード(永住権)は、大げさではなくまさに“地球より重し”といった感がある。それが無いとこの国では生活して行けないのだ。自分自身も以前に経験したが、誰しもその取得には苦労する。 

  

In my case, the pursuit of my dream still continues as well. Last Fall, I moved the base of my music activities to Chicago, the home of blues. The first six months were intensively spent for networking, which fortunately resulted in my current position as the lead guitarist with an established blues band. For the following 6 months, I have proven that I can regularly play with them at Chicago’s premier night clubs. 

僕は、今も夢を追い続けている。昨年秋に音楽活動のベースをブルースの本場シカゴに移し、最初の半年ほどは人脈作りに奔走した。それが地元で名の通ったバンドに加入するという願っても無い幸運に繋がった。その次の半年の間に、自分の技量がシカゴの有名クラブでも通用するものであることを示した。 

  

My next phase is ultimately to be known as a frontman for my own band. Going into the next year, it would be a long and winding road for me to get there. But I have to keep dreaming in order to make my dream come true. 

次のフェイズは、いよいよ究極の目的である、自分がフロントマンとして顔と名前が知られるようになる事だ。来年はそのきっかけとなるかどうかだが、これは気が遠くなるような長い道のりだろう。しかし夢を実現するには、夢を見続けないと。 

  

(Here is the link for the article quoted above): 

(文中に引用した記事のリンクは): 

http://jballallen.com/yazawas-journey/?fbclid=IwAR3OaS7mo38-IbdJSWfJLqA5vWZHe5UUo7f51nhV-O0vwmCBD5fQkqjNVMg

Good Old Westside Chicago Blues 

In my younger days, my blues guitar influence top 5 were: Otis Rush being the most influence, followed by Magic Sam and Buddy Guy for so called Chicago Westside's “squeeze guitar” style, and Eddie Taylor, Robert Lockwood Jr. for the down home Chicago Blues style. 

昔、ブルース・ギターにハマリ始めた頃、最も影響を受けたプレーヤーのトップ5をあげる。いわゆる“スクィーズ・ギター”系ではオーティス・ラッシュがダントツで、マジック・サム、バディ・ガイ。ダウンホームなシカゴブルース系では、エディー・テイラーとロバート・ロックウッドJr  の5人だ。 

  

The ES-335 in the pic I bought in the late 70’s back in Japan has been indispensable to play the traditional Chicago Blues. It has a naturally gritty tone that the recent models do not have. 

1970年代末から使っているES-335  (写真) は、伝統的なシカゴブルースを演るには欠かせない。最近のモデルも持っているが、古い方がよりそれらしい自然なトーンが出る。 

  

When I used a few other guitars some years ago, they widened my guitar sound. However, playing the late greatest Otis Rush’s songs a lot lately reminded me what strikes my heart strings most. I am set to continue pursuing the Westside Chicago Blues sound from the 60s. 

この何年かの内に、他の種類のギターを幾つか使うことで音の幅が広がった。しかし先日来、故オーティス・ラッシュ氏の曲をしばしば演奏していると、自分の心の琴線に触れる音は何かを思い出させてくれる。やはり(最初からそうであったように)、1960年代のウェストサイド・シカゴブルースを、これからもやっていくつもりだ。 

 

I hope my recent addition of Riviera (see the previous entry) will deepen the sound that I have been pursuing since my school days. 

最近手に入れたリビエラと合わせて、自分が学生の頃から追い続けて来たブルース・ギターの音をさらに深めよう。

My dream guitar 

I have recently become a proud owner of 1960’s Epiphone Riviera (pic), my dream guitar for many years. 

先日、1960年代のエピフォンのリビエラ(写真)を購入した。長年夢に見たギターだ。 

  

The sound I can associate with this guitar is Magic Sam, who is one of the major influences on my guitar style. 

このギターはマジック・サムの音と繋がる。自分のギター・スタイルに影響を与えた一人である。 

  

In particular, I used to listen to his Westside Soul and Black Magic albums till they were worn out. 

特に、彼の“ウェストサイド・ソウル” と “ブラック・マジック” の二枚のアルバムは、擦り切れるほどよく聴いたものだ。 

  

I can not wait to bring the good old Westside Chicago Blues sound to the stage using this guitar. 

このギターを使って、古き良きウェストサイド・シカゴブルースの音をステージで出すのが楽しみだ。

Move to the city of Chicago シカゴ市内に引っ越し 

I have recently moved to the city of Chicago from the suburbs to be closer to the action of its blues scene. It is important for me to stay within a short drive distance to the forefront of its music activities. 

先日シカゴの郊外から市内に引っ越した。ブルース・シーンの中心の近くに居るためだ。音楽に関わるのに、そこに車ですぐに行ける距離に居るのは大事だ。 

  

This town has incredible quality and quantity of talented blues musicians, and yet, the number of venues where they can perform is very limited. 

この街に居るブルース・ミュージシャンの質と量は凄いものがある。にも関わらず、ブルースを演奏できる場所はきょうびは限られているのが現状だ。 

  

Before I moved here from the West Coast, I had visited this city several times. The old school blues sound that I dig most is a rare find even in Chicago nowadays. As a resident in this town since last year, I confirmed what I knew before. 

西海岸からシカゴに引っ越して来る前に、僕は何度かこの街を訪れて、自分が聴き込んできた伝統的なブルースは、もはやシカゴですら稀である事を知っていた。昨年から当地で暮らしてみて、その事を確認したに過ぎない。 

  

I am now located about 10min drive to Halsted and 20min to downtown of Chicago. This is my determined attempt to be seen more in public to make things happen. 

今回の引越しで、(キングストン・マインズやB.L.U.E.S.のある) Halsted 通りに10分、シカゴの街中まで20分で行けるようになった。露出も兼ねて、ブルース・クラブにより足しげく通おうというモクロミだ。