You are visitor number: 2975

In Chicago (28) 

In Chicago, what I can rely on to survive in the blues scene are my own ears with which I have been digging the blues for 40 years. 

シカゴのブルースシーンでサバイバルするのに、自分の頼りは、40年近くブルースを聴き込んで来たこの耳だ。 

  

When I back up other musicians, I study their materials on their albums. If there are any cover songs, I go back to those original songs and try to understand how they interpret the songs and make their own versions. 

僕は他のアーチストのバックを付けるときは、その人が出しているアルバムを研究する。さらに、その中にカバー曲があれば、その元の曲も調べて、その人がどういう解釈でそれをカバーをしているのか、理解しようとする。 

  

I try to generate good chemistry with the artists, something that you cannot read on music charts, so that I can bring the music to a higher level. By taking every opportunity seriously, it could lead to new opportunities. Besides it is stimulating when the band sounds tight. 

それは、そのアーチストとの間に、譜面からは見えてこない阿吽(あうん)の呼吸を作ることによって、自発的に演奏の質をより高める為だ。1回1回の演奏を大事に高めることが次のチャンスに繋がるし、バンドの息がぴったし合うと何より演っていて気分が高揚する。 

  

On the scale of 10, I would often end up 7 or 8 on stage under pressure if I try to show everything I have got. I must have more up my sleeve in order to pull off a 10 performance casually. 

良い演奏をするために、持っているものを全て出し切ろうとすると、プレッシャーのかかる本番では、10点評価のうちのせいぜい7か8で終わることが多い。自分の引き出しに奥行きと深みをつけてこそ、余裕を持って10点のパフォーマンスが出来るだろう。 

  

I usually make efforts with the same intensity regardless of the size of occasions, namely whether one time only or regular gigs. In fact, I would have to give my best in shorter commitments because I cannot retrieve the first impression once it is made. 

僕は、単発の仕事でも、レギュラーの仕事でも同じ努力をする。やり直しの効かない短期の仕事の方が、できるだけ強い第一印象を雇い主に与える必要がある。 

  

“Listening” is not a passive but can be an active action. To have all the songs on a given list sink in my mind, I would spend extra time to fully digest them. The more I put in, the more I can get out of it. Nobody would feed me from a silver platter if I am only on the receiving end of information. 

そのためには、音楽を聴くということは受け身ではなく、とことん聴き込むというアクティブ な行為となる。与えられた曲リストに、より時間をかけて消化することで、より多くを得ることが出来る。漫然と情報の受け取り側にいるだけでは、それ以上の深みを出すのは難しい。 

 

In Chicago (27) 

Every time I moved to a new place, I have been fortunate to be able to continue playing music. When I attend the local blues jams or sit in with featured bands for networking, I make an effort to perform my best. 

これまで知らない土地に引っ越しても、行く先々で音楽活動をやって来れた。当地でブルースジャムに参加したり、フィーチャーされているバンドのライブに飛び入りした時には、出来る限り質の高い演奏をできるよう努力をした。 

  

I usually prepare myself before I leave home however small the occasions are. Because if I leave good impressions to the club owners, musicians, and audience, good words could go a long way and lead to potential opportunities. 

ジャムセッションや飛び入り演奏に出かける前は、充分準備をしてから出かける。バーのオーナーや、ミュージシャン、聴衆に強い印象を残すと、次第にクチコミで噂が広がり、やがてチャンスに繋がるからだ。 

  

Open blues jams are for the venues to attract customers, and therefore, the experience levels of musicians vary. It is unpredictable how the songs would end up with the players I have never met before. But that is essentially the fun part of blues jams because spontaneity and improvisation would play a big roll. 

店が集客のためにやるブルースジャムでは、参加しているプレーヤーの経験もマチマチで、特に知らない相手とは、自分の意図通りに演奏できるとは限らない。が、それはそれで、自発性や即興性が発揮できるジャムセッションの醍醐味でもある。 

  

In Chicago, there are so many great musicians playing the blues, in particular, countless number of guitar players in town. Accomplished players are naturally self-motivated to practice hard. For me to try to stand out by a nose among them, I have to have my own style. Singing is also crucial if I am to be remembered when I play in public. 

シカゴには優れたブルースミュージシャンが多い。特にギタリストの数は、掃いて捨てるほどだ。水面下の努力など誰でもやっているから、その中で鼻の差でも抜き出ようとするには、自分のスタイルを持つことが大事だろう。ボーカルができると大きなプラスであるのは、言うまでもない。 

  

After all, what I have in me is nearly 40 years of digging the traditional Chicago Blues and my genuine passion to play the blues. 

自分にあるものは、40年近くシカゴブルースを聴き込んで来た耳と、ブルースを演る熱い気持ちしかない。

 

In Chicago (26) 

I used to be hard headed in playing the blues and dig only 3 chord 12 bar blues day in and day out for some years. My first encounter to Chicago Blues shuffle was Otis Rush’s “Three Times A Fool” when I was 17 years old. 

以前はブルースという音楽には頑(かたく)なで、3コード12小節のブルースばかり毎日聴いていたことが何年かある。シカゴブルースのシャッフルを初めてそれと意識して聴いたのが、高校2年の頃でオーティス・ラッシュの “スリータイムズ・ア・フール”という曲だった。 

  

Then the song called “The Aces Shuffle” in which Eddie Taylor’s rhythm guitar and Fred Below’s drums groove hard, locked me into the traditional Chicago Blues. I would be totally content being shuffled out all night long. 

それから、ジ・エイシズの“エイシズ・シャッフル” で聴いたエディー・テイラーのリズムギターとフレッド・ビロウのドラムの強烈なノリで、伝統的なシカゴブルースに深くハマった。ひと晩中でもシャッフルのグルーヴで満足したものだ。 

  

But nowadays, the old school Chicago Blues style from its heyday in the 1950s-60s is a rare find even in Chicago. To my knowledge, only a limited number of players carry a torch to play the good old school down home blues. Many bands play the blues in more contemporary styles. 

しかし昨今では、1950年代から1960年代にわたり全盛を極めたシカゴブルースの原型は、もはやシカゴでも見るのが珍しい。ミュージシャンの少数派が、ダウンホームな古典的スタイルを固持する一方、多くのバンドはもっと現代的な音作りをしている。 

  

Ironically after I came to Chicago, I became more open minded to the variety of blues played in town. The sound of blues has changed over the years, and so did the taste of the audience. 

皮肉にも、僕はシカゴに住むようになってから、よりいろいろなタイプのブルース音楽に耳を傾けるようになった。シカゴブルースは年月を経てそのサウンドを変え、聴衆の好みもまた変化した。 

  

However the changes are, I still get inspired when I find the music that is deeply rooted in the gut wrenching soulful blues with gritty sound. In my humble opinion, excessive loudness is not needed to be intense. 

どんなに現代的に形を変えていても、魂を揺さぶるほど感情のこもったブルースには、今も刺激を受ける。思うに、音に気持ちを強く込めるのに、過大な音量は必要が無いのでは。

 

In Chicago (25) 

I was bitten by the blues bug in my high school days in Japan. Since then I subliminally aspired to come to the US someday. Musically all I had was my passion to play the traditional blues, in particular, so called the Westside Chicago Blues established in the 1960s by such legends as Otis Rush, Magic Sam, and Buddy Guy. 

日本での高校時代にブルースにハマって以来、いつかアメリカに行くことが潜在意識にあった。音楽的にやりたかったのは、特に1960年代にオーティス・ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイらによって創られたウェストサイド・シカゴブルースだった。 

  

In retrospect, if I disect my past three decades of living in the US, they consist of three parts: 

思い返すとアメリカでのこれまでの30年の生活は、大きく分けて3部から成る。 

  

(1) My school days in the Midwest. The easiest way to come to the US was to go back to school. Through some blues jams that I attended in my spare time, I landed weekly gigs in downtown Minneapolis. 

(1)中西部での留学時代。アメリカに来る一番簡単な方法が学生に戻ることだった。当地で参加したブルース・ジャムを端に、ミネアポリスの街のバーで毎週演奏して小銭を稼いでいた。 

  

(2) Worked daytime on the West Coast while playing music part time. In this period, I diversified my musical taste to soul, funk, and jazz. Encountering gospel music, through the church I attended while I was living in Los Angeles, prompted me to start my singing career. It was a bold move. 

(2)西海岸で、会社勤めをしながら副業として音楽を続ける。この間に、ソウル、ファンク、ジャズと聴く音楽の幅を広げた。ロサンゼルスに住んでいた頃、教会を通じてゴスペル音楽に出会い、自分でも歌うようになる。(日本で生まれ育って、アメリカで英語でブルースを歌うのは)大胆な行動であった。 

  

(3) Being a full time musician. I am still surviving after I left my day job 5 years ago. Coming to Chicago last Fall was my long time dream come true. Anything that happens in Chicago beyond this point would be a bonus for me. Meanwhile, I cannot take my time in Chicago for granted either. 

(3)フルタイムで音楽を演るようになったのは5年前で、今でもサバイバルしている。シカゴに来ることは長年の夢だった。今後シカゴで起こることは、自分にとって“ボーナス”以外の何物でもない。一方、シカゴに住んでいる時間は、大切にしなければならない。 

  

It is the process to make my dream come true that has always been the most fun part and not necessarily the result by itself. Because every time I reached a milestone in my life, that is when I usually start aiming higher and going for more. 

夢を実現するプロセスはいつも、必ずしもその結果そのものよりも一番楽しむことができる。それは人生で、ある道しるべに到達すると、その時点でいつも次の夢を見てもっと前へ進もうとし始めるからだ。

 

In Chicago (24) 

When I came to Chicago last Fall, my intention was to find a working band to join first so that I can gain some exposure in the town where I was new. It was fortunate for me to be able to launch my own band much sooner than I expected. 

昨秋シカゴに移ったとき、顔と名前が知られるまで、最初は当地のバンドに雇ってもらうつもりだった。しかし、運よく自分のバンドが思ったよりもはるかに早く滑り出した。 

 

Having my own activities was my ultimate goal. Because that is the only way to be in control of what I do. It is like being an owner of small business. 

自己の活動をするのは、究極のゴールだ。それは、自分のやりたことをやりたいようにやれる唯一の道だからだ。いわば、小さな事業主になるようなものである。 

 

Now whether I can bring my band to the renowned blues clubs in the city remains to be seen. Probably it would take years of effort to build followers of my own. 

今後、自己名義のバンドで都市部の有名なブルースクラブにブックできるかどうかは、まだまだこれからやってみないとわからない。おそらく、ファンがつくまで何年もかかるだろう。 

 

And yet I believe in dreams and that is what makes me tick on daily basis. There is a clear line, however, between dreaming and wishfully thinking. Pragmatic optimism is what makes this country a land of opportunity. 

だが、夢を信じているからこそ日々前に進めるのだ。しかし、夢と希望的観測には大きな違いがある。現実的な楽観主義が、アメリカをチャンスのある偉大な国としてきた。 

 

I have a lot to do to keep moving forward. I have no time to be bored. 

これからもやることは山積みしているし、退屈している暇などないのだ。

About My Blog このブログについて 

I write this blog mainly for my band marketing. To widen the range of readers, I recently started updating my blog both in English and Japanese. 

このブログは主にバンドのマーケティングのために書いている。ブログの読者の幅を広げるため、最近になって英語と日本語の両方で書き始めた。 

 

Interestingly, the other day one of my loyal blog readers commented to me that the flows of my writing in some of the stories were somewhat different from other entries. 

先日、興味深いことに読者の方から、ブログの幾つかの文章の流れがいつもとどこか違うというコメントを頂いた。 

 

I realized that when I write in Japanese first and then in English, the flow is somehow affected in the process of translation. 

そこで考えてみると、日本語で先ず書いてそれを英語に翻訳しようとすると、文章の流れにどこか不自然さが出るのではないかと気が付いた。 

 

It reminded me that a long time ago when I was learning English, I had read that subtle nuances in Japanese are difficult to translate into English. English language has less ambiguity while mind reading behind what is said in Japanese is often considered a part of its culture. 

昔、英語を勉強し始めた頃、日本語の微妙なニュアンスは英語に訳しにくいというようなことを読んだことがある。英語は曖昧さが比較的少なく、日本語は時に文面の奥を読むという文化がある。 

 

Even after spending more than a half of my life in the US, it might well be reflecting my cultural background in language. 

人生の半分以上をアメリカで過ごした今でも、自分の生まれ育った文化の背景が言葉に反映されているのだろう。 

 

Since then, I have lately been writing my blog in English first in an attempt to be succinct. 

それ以来、最近ブログを書くときはまず英語で簡潔に書くように心がけている。

 

In Chicago (23) 

Against all the odds of living in a new city with practically no friends that I knew before, I am somehow still keeping my head above water. 

誰も知り合いの居なかったこの街に乗り込んで来て、何とかまだサバイバルしている。 

 

Last weekend my band returned to play at a venue in the suburb of Chicago. We had a great crowd of blues lovers that night. My next gig at the same venue has already been set. It is nice that my music is accepted in the area where I just moved in. I seem to be gradually growing a fan base there. 

先週末には、自分のバンドでシカゴ郊外の店でライブを行なった。その店では2回目だったので、その夜はブルースファンが我々を目当てに来てくれた。また次回のブッキングも既に決まっている。引っ越した先で早々に、自分の音楽が受け入れられるのは嬉しい限りだ。少しずつファンが付きかけているようだ。 

 

In parallel, my collaboration with the Chicago Westside blues harpist & singer Omar Coleman is going strong. I have had a few opportunities to join his headlining gigs at the premiere blues clubs in Chicago. We will also be headed to Japan in May for a tour. 

それと平行して、シカゴはウェストサイドのブルースハーピスト兼シンガーの、オマー・コールマンとのコラボも順調に進んでいる。シカゴのトップブルースクラブで既に彼のバンドのギタリストとして何度か仕事をしたし、この春には、一緒に日本ツアーに出かける。 

 

Last night when I played with Omar Coleman Band at the Buddy Guy’s Legends, Mr. Buddy Guy himself suddenly appeared on the stage (pic below). It only happens in Chicago. 

昨夜はオマー・コールマン・バンドとバディ・ガイ・レジェンズでライブ中に、バディ・ガイ氏自身が突然ステージに登場した(写真下)。シカゴならではだ。 

 

As one of my friends in music business once said, "as long as you are working on what you have passion for, you can put up with most of nuisance and go over unwanted hurdles". 

音楽業界にいる知人の言葉を借りると、"自分の熱情のあることに打ち込んでいる限り、たいていの嫌なことは我慢できるし、障害物も越えて行ける"と。 

 

That is exactly what motivated me to migrate to this country three decades ago. I needed to be in control of my life rather than following the typical career path commonly seen in Japan. 

僕が30年前に日本からアメリカに渡ったのは、まさにそれだ。平凡な人生を歩むよりも、自分の運命を自分でコントロールできる道を選んだのだ。

In Chicago (22) 

I am in the middle of winter in Chicago. Indeed it is cold around here this time of the year. Earlier in the week, I finally came down with a cold after boldly doing some midnight creeping in the snowy weather night after night. 

シカゴの冬の真っ只中にて、その寒さを経験している。先日は、毎晩夜中に雪の中を出歩いていて、ついに風邪をひいてしまった。 

 

However it is not enough to make me want to pack up and leave. In fact, I consider the winter in Chicago one of the key ingredients of the gritty Chicago Blues sound that I admire. 

しかし、だからといってこの街を出て行こうとは考えたことも無い。実際シカゴの冬はシカゴ・ブルースの重要な成分だ。 

 

As the days go by, I am still extending my network. The renowned blues musicians in Chicago who have let me share their stage so far include the "Who's Who" of the current blues scene in this town. The list will go on as I go along. 

日が経つにつれ、当地でさらに人脈を拡げている。ステージをシェアさせてくれた、現在シカゴで活躍するブルース界のスタープレーヤーのリストは、今後さらに増えていくだろう。 

 

Someday the sun will shine on my back door, as they say, as long as I keep going at it. I know I would never find peace in my soul if I gave up before I am done here. 

歌にもあるように、いつか日の目を見ることを夢見て、自分で納得できるところまで粘らないことには、この心が安まることはないだろう。

 

In Chicago (21) 

Over the last weekend, my good friend California Bluesman JC Smith flew in to Chicago to attend the funeral of the legendary Mr. Eddie Shaw. 

先週末、友人のブルースマン JC スミスが、故エディー・ショー氏の葬式に参列するためカリフォルニアからシカゴを訪れた。 

 

The music that Mr. Shaw recorded with the late great Magic Sam in 1960's has impacted me a lot since my younger years far more than I can describe in words. 

エディー・ショー氏の音楽、特に1960年代のマジック・サムとの音源は、長い間僕に、言葉では言い表せないほど強い影響を及ぼしてきた。 

 

And such legacy as his from its heyday of Chicago Blues is one of the main reasons why I decided to move to Chicago. 

氏のような全盛期のシカゴ・ブルースの伝説がまだ現存すればこそ、僕はシカゴに引っ越す決心をしたのだ。 

 

I had briefly met Mr. Shaw a few years ago. His warm personality was contagious. His legacy will live on. 

ショー氏とは、数年前に一度だけ短く会ったことがあるだけだった。が、氏の温かい人柄はすぐにこちらに伝わった。ショー氏の伝説はこれからも語り継がれるに違いない。 

 

The morning I heard the sad news, I was hoping that it was not true. But as the day progressed, many people in the blues community in Chicago started mourning the loss. 

ソーシャル・メディアに訃報が入った朝、僕はそれは信じたくなかった。が、その日時間が経つにつれて、シカゴのブルース界から弔辞が次々に載せられた。 

 

That evening I decided to go to Kingston Mines and was able to sit in with Mike Wheeler Band. I had the honor to pay tribute by playing a song called "That's Why I'm Crying", the song Mr. Shaw recorded with Magic Sam Blues Band in 1966. 

その夜、僕はキングストン・マインズで演奏していた、マイク・ウィーラー・バンドに飛び入りさせて頂いた。そこで、ショー氏がマジック・サムと1966年に録音したThat’s Why I’m Crying を演奏して、自分なりの弔いが出来たのは光栄だった。 

(pic: Mr. Eddie Shaw at the Kingstone Mines in June 2015)

Japan Tour from Chicago (2 of 2) 

(Cont'd)   In the past few years, I have had the pleasure of playing with an accomplished jazz guitarist Hiroshi Hata in Osaka who also loves blues and soul music.

(続き) そんな中でも、ジャズギタリストの畑ひろしさんとは、この数年の間に何度か一緒に仕事をさせて頂く機会があった。畑さんはシカゴブルースやソウルにも造詣が深い。

 

In my very humble opinion, the jazz players who dig the traditional blues and soul music tend to touch my heart strings more than those who do not. 

私見では、昔のブルースやソウル音楽を聴き込んでいるジャズミュージシャンのプレーは、より心の琴線に触れることが多い。 

 

In Japan, there may still be many long time die hard Chicago Blues fans who meticulously have high expectation as to what the traditional blues sound should be. This keeps me on my toes in a different sense from when I perform in the US. 

それと日本では、"ブルース音楽とはかくありき" という往年のファンが今も多いかもしれない。その意味で、日本ツアーは普段こちらでやっているライブとは違うプレッシャーがあるので、その分刺激がある。 

 

Out of the new network I have built since I recently moved to Chicago, I will bring Omar Coleman, the Chicago Westside blues harpist and singer, to Japan for one week tour this May. 

シカゴに来てから作った人脈の中から、ウェストサイドのブルースハーピスト兼シンガーのオマー・コールマンとこの5月に日本ツアーに行く。 

 

He plays a versatile mix of the blues, soul ballad and funk music. While his sound represents one of the contemporary styles of blues in Chicago, he is rooted deep in the old school Chicago Blues, in particular, the late great Junior Wells' music.

彼の音楽はブルース、ソウルバラード、ファンクと幅広く、シカゴの現代的なブルースのスタイルのひとつだ。が、そのルーツは伝統的なシカゴ・ブルース、特に故ジュニア・ウェルズ氏の音楽にある。

 

I am very excited to have an opportunity to tour Japan with the great Omar Coleman this Spring.

この春にオマー氏と一緒に日本をツアーするのがすごく楽しみだ。