You are visitor number: 3358

Lefty Flying V 左利き用のフライング V 

I have been using my Flying V on stage extensively for the last several years. The natural raw tone of it is indispensable to play gritty guitar blues. 

この数年、フライング V をステージで使うことが多い。その自然なトーンが、粗いギターブルースを演るのにハマる。 

  

I am now working on strings strung upside down by flipping a lefty Flying V. This way high strings can be bent more easily and deeply, like Albert King and Otis Rush - the two greats whose sound I try to emulate in this style. 

今やろうとしている事は、左利き用のフライング V をそのままひっくり返して、右利きで弾くこと。つまり、弦が逆張りになるため、高音弦を曲げやすくなる。アルバート・キングやオーティス・ラッシュは、右利き用ギターをそのまま左利き用に使っている。 

  

It takes perseverance and devotion to learn how to play guitar this way though, because it is totally counterintuitive. 

この弾き方は、まったく直感に反するため、マスターするのには忍耐力と献身が必要だ。 

  

Mastering an instrument depends on the product of time and intensity I put in. My next to do on the list is to record a Chicago Blues album where all instruments including guitars, blues harp, bass, and drums are played by myself someday. 

どんな楽器でも上達するのには、それにかける時間と集中力の積がモノを言う。次にやりたいことは、いつかシカゴブルースのアルバムを、ギター、ハーモニカ、ベース、ドラムを含めて楽器を全部自分で演奏して録音することだ。

 

My Goals in Chicago  

From 2013 to 2017 in San Jose, California, I was working weekly at a blues club named Blue Note Lounge for over 3 years and at a restaurant called Louisiana Bistro regularly for a year. 

僕はカリフォルニア州サンホゼ市で2013年から2017年にかけて、ブルーノート・ラウンジというブルースクラブで3年以上にわたり毎週、そして、ルイジアナ・ビストロというレストランで1年間、毎月数回定期的に演奏していた。 

  

In these 4 years before I came to Chicago, I had done more than 200 gigs under my name as mostly trio (guitar, bass, drums) and some duo settings (guitar & harp, guitar & bass, or two guitars). I was the singer in these gigs playing guitar. The reason for having the smallest unit was to minimize the cost of hiring players in my band. 

シカゴに来る前のこの4年間に、自己名義で200本以上のライブを行ったが、そのほとんどがギター、ベース、ドラムのトリオ編成あるいは、ギター&ハーモニカ、ギター&ベース、あるいはギター2本のデュオだった。これは雇うメンバーを最小にする必要があったからでもある。 

  

This experience made my guitar play strong in terms of filling on the back of and in between my singing. A strong sense of timing is required to play and sing at the same time. For that I am grateful for the owners of these two venues in CA to nourish my performance over those years. 

この時の経験のおかげで、今の自分のギターのプレーが強くなった。最小編成でギターを弾きかつ歌うには、リズム感の強さが問われる。僕を育ててくれたこの2軒の店のオーナーには、今も非常に感謝をしている。 

  

Working in Chicago as a blues musician has been my dream come true. My mind has finally realized what my soul has always known. 

シカゴでブルース・ミュージシャンとして働くことは、夢であった。自分のマインドが、常に心が欲して来たことに追いついたのだ。 

  

What I am doing here is an attempt to integrate my previous experience all in one - be it my vocals, guitar, blues harp, plus band management, etc. My ultimate goal is to have my blues accepted by this city, the home of electric Chicago Blues. 

今、当地でやろうとしていることは、これまでの経験を一つに集積することにある。それは、ボーカル、ギター、ハーモニカ、それに自分のバンドの管理も含めてという意味で。究極的には、エレクトリック・シカゴブルースが栄えたこの街で、自分のブルースが認められることにある。 

(the video clip below is from 2016 at the Blue Note Lounge, CA)

J.W. Williams & The Chi-Town Hustlers  

I have recently had the pleasure of playing guitar with the great J.W. Williams and The Chi-Town Hustlers. JW’s powerful vocals while playing his groovy bass guitar make my jaw drop in awe. There is so much to learn from his showmanship as well. 

僕は先日来、シカゴで有名なJ.W.ウィリアムス & チャイタウン・ハスラーズと演奏している。JW氏のノリの良いベースギターを弾きながらの、パワフルなボーカルは圧巻だ。氏のショーマンシップからも学ぶところが多い。 

  

For those who are in Japan and if you are not familiar with his music, he has been playing the blues for over 5 decades in Chicago. Notably he used to be the bass player for Buddy Guy (“Stone Crazy”, “Live At Checkerboard Lounge” albums). 

J.W.ウィリアムスはシカゴで50年以上ブルースを演っている大ベテランで、かつてはバディ・ガイのバンドに居たこともある(バディ・ガイのアルバム “ストーン・クレイジー”、“ライブ・アット・チェッカーボード・ラウンジ” のベース)。 

  

He has been leading the Chi-Town Hustlers since 1970’s where Lurrie Bell, Carl Weathersby, Carlos Johnson, Melvin Taylor were the guitar players. Shun Kikuta of Japan used to be its member for many years as well. 

1970年代以来、彼はチャイタウン・ハスラーズを率いており、そのメンバーには、ルーリー・ベル、カール・ウェザーズビー、カルロス・ジョンソン、メルビン・テイラーらそうそうたるギタリストを次々と擁した。菊田俊介氏もその一人だ。 

  

Mr. Williams and the soulful Ms. Laretha Weathersby will be headlining the Japan Blues Festival in Aomori this summer. Check them out if you are in the area. 

シカゴからJ.W.ウィリアムスと、ソウルフルなシンガーのラレサ・ウェザーズビーの二人が今月、青森で行われるブルース・フェスティバルにヘッドライナーとして出演する予定です。お近くの方はどうぞお見逃し無く。

What makes Blues sound like Blues to me? ブルースが自分にとってブルースらしく聞こえるのは? 


The other day I had a brief conversation with Ariyo, the renowned Japanese blues pianist who resides in Chicago, as to what makes blues sound like blues for our generation. We came to the same point that it is not the phrases that you play, but the persuasiveness of, or the “feel” of each note that you play. 

先日、シカゴ在住のピアニスト有吉須美人さんと話していて、意見が一致したことがある。ブルースの演奏を聴いてそれが我々の世代に “らしく“ 聴こえるかどうかは何が決め手になるのかということだ。それは楽器のフレーズから来るものではではなく、その音一つ一つが持つ “味” なのだと。 

  

The electrified Chicago Blues saw its heyday in the 1950s through 60s, and was imported to Japan in the 70s. Therefore, in my humble opinion, without digging the legacy of blues from those eras, you would only be scratching the surface. 

1950年代から60年代にシカゴで栄えたエレクトリック・ブルースは、70年代に日本に導入された。だからその時代のシカゴブルースの遺産を掘り下げずして、ブルースの形だけを真似ようとしても、それは “仏造って魂入れず“ でしか無いのでは。 

  

In my younger days, I was into rock music till I encountered Otis Rush’s guitar in my high school years. I have been deep into so called the Chicago Westside guitar blues since then. It is not retro me trying to go back to the old times, but it has been the sound I had a lust for from the beginning. 

自分自信、ロック少年であった中学時代を経て、高校2年でオーティス・ラッシュの音楽に遭遇して以来、今日までシカゴのウェストサイド・ギターブルースにずっと傾倒して来た。それはレトロでも何でも無く、最初からそうだっただけだ。 

  

Blues is about people’s life, and therefore, it reflects what is in you - the air you breathe and the water you drink daily may have some effect on how you play the blues. The emotion you put into the music has little to do with the music charts or the volume of the music. 

ブルースは生活を唄った音楽であるから、その人の生活感が強く出る。その土地の空気を吸い、水を飲んでこそ滲み出る何かがある。それに、感情移入の強度は楽譜から来るものでは無く、音量とも相関は無い。 

  

Indeed, the sound of Chicago Blues has changed with time mostly. As long as there is soul behind it, no matter how contemporary the blues scene of Chicago has become, I am still drawn to it. 

確かにシカゴブルースの音創りは、時代とともに多くは変わった。が、ソウルフルな音がその根底にある限り、コンテンポラリーなブルースも含め今もシカゴのブルースシーンは、僕を惹きつけるのだ。

 

After Japan Tour 2018 Spring 日本ツアーを終えて 

After one week of touring Japan, we came back to Chicago safely. Special thanks go to all the fans who came out to see us, the club owners & staff, and the support musicians. 

一週間の日本ツアーを終えて、無事シカゴに戻りました。ライブにお越しいただいた皆様、お店のスタッフやバンドのサポートメンバーの方々にお礼申しあげます。 

  

It was my pleasure to be able to bring the great Omar Coleman to the blues fans in Japan this time. His soulful vocals and harmonica left the audience with their jaws dropped in awe. 

今回オマー・コールマン氏の初来日を実現できて良かった。彼のソウルフルなボーカルとハーモニカは、聴衆を圧倒的に魅了した。 

  

In 1970’s, a big blues boom took place in Japan. I caught the tail end of it in my younger years. But in general, the current blues market in Japan has been against a strong head wind. Accordingly the newer generation blues artists are not fully recognized there as compared to in the US and other parts in the world. 

1970年代に日本でブルースのブームが起こったが、僕が若い頃ブルースにハマった時には、そのブームは終わりかけていた。昨今では、日本のブルース・マーケットは強い向かい風だ。したがって新しい世代のブルース・ミュージシャンは、アメリカやその他の国に比べると、遠く離れた日本では知名度が低い。 

  

However the modern blues music has changed its sound, as long as there is a gritty soul behind it, that is what keeps me in Chicago, the blues capital. 

現代的なブルースがそのスタイルをどんなに変えようとも、ソウルフルな音作りがその根底にある限り、ブルースの本場シカゴは僕を惹きつける。 

  

In the last five years I have been touring to Japan occasionally. I intend to continue reverse importing myself there in the future. Home is where your stomach is after all. 

この5年間に、アメリカから日本へしばしばライブハウス・ツアーを行なって来た。今後も自身を日本へ逆輸入し続けるつもりでいる。何と言っても、美味しい日本食からは離れるのは難しい。 

  

As of this June, I am looking forward to playing with J.W. Williams and the Chi-Town Hustlers regularly. I will be entering the next phase in my career in Chicago. 

来月6月初旬から、JW ウィリアムス & チャイタウン・ハスラーズでレギュラーとして演奏するのを楽しみにしている。シカゴでのキャリアは、次の段階に入ることになる。

In Chicago (30) 

- In Pursuit of My Dream シカゴにて (第30話) - 夢を追い求めて 

 

I like dreaming. It makes me feel a natural high when I think of something that other people would not dare to do. Some people might dream about winning a lottery. But to me it is only passively wishing for rare luck. 

僕は夢を見るのが好きだ。人があまりやろうとしない事をあれこれ考えるのは楽しい。宝くじに当たることを夢見る人も居るだろうが、それは滅多に起こらないことを消極的に願っているに過ぎない。 

  

The most fun part of dreaming is its process to approach the goal. Something that you can indulge yourself with passion. 

夢を見ることで面白いのは、それを実現しようとする過程だろう。情熱を持って何かに文字通り夢中になれるかだ。 

  

There are always nay sayers. If I listen to those around me, my will to achieve my dream is not strong enough. Because I would want to quote them when I hit an obstacle that seemingly is too difficult to go over. 

世の中には、必ず否定的な事を言う人が居る。自分の周りのそう言う意見を聞くこと自体、自分の意思の強さが問われるだろう。何か難しい障害に出くわしたときに、それを言い訳にしがちだからだ。 

  

Living in Chicago had been my long time dream. It took me some serious efforts to come this far. Now that I am in my dream, I want to move forward to the next step. That is to have my blues accepted by the people in Chicago, the capital of the blues. 

シカゴに住むことは長年の夢だった。ここまで来るのにかなりな努力が必要であった。今その夢の中にいる以上、次のステップに進みたい。それは、自分のブルースが、ブルースの本場シカゴの人々に受け入れられることだ。 

  

Playing blues in the city of Chicago is nothing unique to many musicians in this town. Therefore, I feel I have just arrived at a start line. May The Fates lead me to a new chapter in my life in Chicago – as if a small boat sailing into the ocean. 

シカゴの名の通ったクラブで演奏すること自体、当地のミュージシャンにとって珍しくも何とも無い。だから、自分は今、スタートラインに立っただけだ。シカゴでの暮らしの新しいチャプターの行方は、運命に任せるとするか。小船が大海に漕ぎ出すように。 

  

I was born and grew up in Japan, but have spent more than a half of my life in the US before I knew it. I feel a bit of my destiny in the fact that my birthday falls on the same date and month as that of the great Mr. Otis Rush. Perhaps I was born under a good sign. 

僕は日本で生まれ育ったが、気が付いたら人生の半分以上をアメリカで過ごして来た。誕生日があのオーティス・ラッシュ氏と同じであることに少し運命的なものを感じる。もしかしたら自分は良い星の下に、この世に生まれて来たのかもしれない。 

  

(This is the end of Chapter 1: “In Chicago”, a total of 30 episodes.) 

(“シカゴにて、第一章” は、これで終わります。ご愛読ありがとうございました。)

In Chicago (29) 

After 7 months of going at it in Chicago since I came here last Fall, I have finally started cracking the tough nut of its blues market in the city. 

昨秋シカゴに来てから7ヶ月の努力の甲斐あって、遂に市内のブルース市場に食い込み始めた。 

  

I have some gigs with “J.W. Williams and the Chi-Town Hustlers” in the coming weeks. Whether this will develop further remains to be seen. They play regularly at the premier blues clubs in the city, such as Kingston Mines, The B.L.U.E.S., and Blue Chicago, etc. 

先日来、“J.W. ウィリアムスとチャイタウン・ハスラーズ” とのライブが入った。この先どうなって行くかはまだわからないが。このバンドは、キングストン・マインズ、ザ・ブルース、ブルー・シカゴといった市内の有名なブルースクラブの常連だ。 

  

In parallel, my own band activity to play in the suburb of Chicago is going strong. A Japan tour with Omar Colman, the Chicago Westside’s blues harpist & singer, is coming up shortly as well. 

それと平行して、自身のバンド活動もやっているし、シカゴはウェストサイドのブルースハーピスト兼シンガーのオマー・コールマンとの日本ツアーを真近に控えている。 

  

In the first few months after I moved to Chicago, I attended all the blues jam sessions happening in the city in order to extend my network. Then for the next few months, I mainly focused on sitting in with the featured bands so that I can gain exposure more professionally on stage. To me, playing my guitar in public was nothing but work on the top of having fun. 

シカゴに来てから最初の数か月は、ありとあらゆるブルースジャム・セッションに片っ端から参加して、ネットワークを拡げた。その次の数か月は主に、フィーチュアされているバンドに飛び入りでステージで演奏させて貰って、よりプロフェッショナルな露出を心がけた。自分にとっては、人前でギターを弾くことは楽しいが、それは仕事以外の何物でもない。 

  

I am grateful that this town is accepting a new comer like myself from out of town. My special thanks go to all the people who helped me to get my career started in the area. It is a bit too long list of names to acknowledge here. 

このシカゴの街が、他からきたプレーヤーを受け入れてくれたことに感謝している。引っ越して来た当初から助けて頂いた方々に謝辞を述べたいが、その数が多過ぎて、ここでは書けないくらいだ。 

  

There is indeed no place like Chicago when it comes to blues music. I would let fate lead my future as the only way from now on seems to be up. 

ブルースをやるのにシカゴは最高の街だと確信している。これ以降も自分の運命のままに、前進あるのみ。

In Chicago (28) 

In Chicago, what I can rely on to survive in the blues scene are my own ears with which I have been digging the blues for 40 years. 

シカゴのブルースシーンでサバイバルするのに、自分の頼りは、40年近くブルースを聴き込んで来たこの耳だ。 

  

When I back up other musicians, I study their materials on their albums. If there are any cover songs, I go back to those original songs and try to understand how they interpret the songs and make their own versions. 

僕は他のアーチストのバックを付けるときは、その人が出しているアルバムを研究する。さらに、その中にカバー曲があれば、その元の曲も調べて、その人がどういう解釈でそれをカバーをしているのか、理解しようとする。 

  

I try to generate good chemistry with the artists, something that you cannot read on music charts, so that I can bring the music to a higher level. By taking every opportunity seriously, it could lead to new opportunities. Besides it is stimulating when the band sounds tight. 

それは、そのアーチストとの間に、譜面からは見えてこない阿吽(あうん)の呼吸を作ることによって、自発的に演奏の質をより高める為だ。1回1回の演奏を大事に高めることが次のチャンスに繋がるし、バンドの息がぴったし合うと何より演っていて気分が高揚する。 

  

On the scale of 10, I would often end up 7 or 8 on stage under pressure if I try to show everything I have got. I must have more up my sleeve in order to pull off a 10 performance casually. 

良い演奏をするために、持っているものを全て出し切ろうとすると、プレッシャーのかかる本番では、10点評価のうちのせいぜい7か8で終わることが多い。自分の引き出しに奥行きと深みをつけてこそ、余裕を持って10点のパフォーマンスが出来るだろう。 

  

I usually make efforts with the same intensity regardless of the size of occasions, namely whether one time only or regular gigs. In fact, I would have to give my best in shorter commitments because I cannot retrieve the first impression once it is made. 

僕は、単発の仕事でも、レギュラーの仕事でも同じ努力をする。やり直しの効かない短期の仕事の方が、できるだけ強い第一印象を雇い主に与える必要がある。 

  

“Listening” is not a passive but can be an active action. To have all the songs on a given list sink in my mind, I would spend extra time to fully digest them. The more I put in, the more I can get out of it. Nobody would feed me from a silver platter if I am only on the receiving end of information. 

そのためには、音楽を聴くということは受け身ではなく、とことん聴き込むというアクティブ な行為となる。与えられた曲リストに、より時間をかけて消化することで、より多くを得ることが出来る。漫然と情報の受け取り側にいるだけでは、それ以上の深みを出すのは難しい。 

 

In Chicago (27) 

Every time I moved to a new place, I have been fortunate to be able to continue playing music. When I attend the local blues jams or sit in with featured bands for networking, I make an effort to perform my best. 

これまで知らない土地に引っ越しても、行く先々で音楽活動をやって来れた。当地でブルースジャムに参加したり、フィーチャーされているバンドのライブに飛び入りした時には、出来る限り質の高い演奏をできるよう努力をした。 

  

I usually prepare myself before I leave home however small the occasions are. Because if I leave good impressions to the club owners, musicians, and audience, good words could go a long way and lead to potential opportunities. 

ジャムセッションや飛び入り演奏に出かける前は、充分準備をしてから出かける。バーのオーナーや、ミュージシャン、聴衆に強い印象を残すと、次第にクチコミで噂が広がり、やがてチャンスに繋がるからだ。 

  

Open blues jams are for the venues to attract customers, and therefore, the experience levels of musicians vary. It is unpredictable how the songs would end up with the players I have never met before. But that is essentially the fun part of blues jams because spontaneity and improvisation would play a big roll. 

店が集客のためにやるブルースジャムでは、参加しているプレーヤーの経験もマチマチで、特に知らない相手とは、自分の意図通りに演奏できるとは限らない。が、それはそれで、自発性や即興性が発揮できるジャムセッションの醍醐味でもある。 

  

In Chicago, there are so many great musicians playing the blues, in particular, countless number of guitar players in town. Accomplished players are naturally self-motivated to practice hard. For me to try to stand out by a nose among them, I have to have my own style. Singing is also crucial if I am to be remembered when I play in public. 

シカゴには優れたブルースミュージシャンが多い。特にギタリストの数は、掃いて捨てるほどだ。水面下の努力など誰でもやっているから、その中で鼻の差でも抜き出ようとするには、自分のスタイルを持つことが大事だろう。ボーカルができると大きなプラスであるのは、言うまでもない。 

  

After all, what I have in me is nearly 40 years of digging the traditional Chicago Blues and my genuine passion to play the blues. 

自分にあるものは、40年近くシカゴブルースを聴き込んで来た耳と、ブルースを演る熱い気持ちしかない。

 

In Chicago (26) 

I used to be hard headed in playing the blues and dig only 3 chord 12 bar blues day in and day out for some years. My first encounter to Chicago Blues shuffle was Otis Rush’s “Three Times A Fool” when I was 17 years old. 

以前はブルースという音楽には頑(かたく)なで、3コード12小節のブルースばかり毎日聴いていたことが何年かある。シカゴブルースのシャッフルを初めてそれと意識して聴いたのが、高校2年の頃でオーティス・ラッシュの “スリータイムズ・ア・フール”という曲だった。 

  

Then the song called “The Aces Shuffle” in which Eddie Taylor’s rhythm guitar and Fred Below’s drums groove hard, locked me into the traditional Chicago Blues. I would be totally content being shuffled out all night long. 

それから、ジ・エイシズの“エイシズ・シャッフル” で聴いたエディー・テイラーのリズムギターとフレッド・ビロウのドラムの強烈なノリで、伝統的なシカゴブルースに深くハマった。ひと晩中でもシャッフルのグルーヴで満足したものだ。 

  

But nowadays, the old school Chicago Blues style from its heyday in the 1950s-60s is a rare find even in Chicago. To my knowledge, only a limited number of players carry a torch to play the good old school down home blues. Many bands play the blues in more contemporary styles. 

しかし昨今では、1950年代から1960年代にわたり全盛を極めたシカゴブルースの原型は、もはやシカゴでも見るのが珍しい。ミュージシャンの少数派が、ダウンホームな古典的スタイルを固持する一方、多くのバンドはもっと現代的な音作りをしている。 

  

Ironically after I came to Chicago, I became more open minded to the variety of blues played in town. The sound of blues has changed over the years, and so did the taste of the audience. 

皮肉にも、僕はシカゴに住むようになってから、よりいろいろなタイプのブルース音楽に耳を傾けるようになった。シカゴブルースは年月を経てそのサウンドを変え、聴衆の好みもまた変化した。 

  

However the changes are, I still get inspired when I find the music that is deeply rooted in the gut wrenching soulful blues with gritty sound. In my humble opinion, excessive loudness is not needed to be intense. 

どんなに現代的に形を変えていても、魂を揺さぶるほど感情のこもったブルースには、今も刺激を受ける。思うに、音に気持ちを強く込めるのに、過大な音量は必要が無いのでは。