You are visitor number: 5503

Back in California カリフォルニアに戻る 

 

Last week I drove 2400 miles from Chicago and moved back to SF Bay Area, California. I made it home safely before the nationwide protests erupted in chaos. 

先週、3年近く住み慣れたシカゴから2400マイル (約3800km) を運転して、カリフォルニア州はサンフランシスコ・ベイエリアに戻った。全米の多くの都市部でプロテストの混乱が起こる前に、無事に家に着いて良かった。 

  

I drove Hwy 55 to St Louis, Hwy 44 to Oklahoma, then Hwy 40 all the way to the West Coast. Every time I drive across the continent, I am amazed by how big this country really is. 

イリノイ州から南回りのハイウェイ55でセント・ルイスに出て、ハイウェイ44でオクラホマへ、そしてハイウェイ40からずっとそのまま西海岸まで。米大陸を縦断するたびに、いかにこの国がデカいか思い知らされる。 

  

As I was finally crossing the California State border from Arizona, the inspector asked me some routine questions. 

ようやくアリゾナ州からカリフォルニア州境を越えるとき、検問所で質問された。 

  

Officer: “Where did you come from?” 

検問官:“どこから来ました?” 

  

Me: “From Chicago” 

僕: “シカゴからです。” 

  

Officer: “Did you bring any food, plants, or agricultural products?” 

検問官:”食べ物、植物、農産物は持ち込みましたか?” 

  

Me: “No, none of those” 

僕:“いえ、ありません。” 

  

Then the officer goes, “How about blues? Did you bring the blues from Chicago?” 

すると検問官が言うには、“シカゴからブルースを運んで来たかね?” 

  

Me: “Yes, sir. I sure did.” 

僕: “はい、それはもちろん。” 

  

He smiled and let me pass the gate saying “Have a good day”. 

すると検問官は、ニコッと笑いながら “ハブ・ア・グッドデイ”と言ってゲートを通してくれたのだ。 

  

After all, one can take a boy out of California, but never take California out of a boy. It is great to be back home. 

何と言っても、カリフォルニアから僕を引っこ抜けても、僕の中から長年住んだカリフォルニアを引っこ抜くのは無理な話だろう。長旅を終えて、家に戻りホッとしている。

 

Leaving Chicago (2 of 2) シカゴを去る(その2) 

(continued )(前回からの続き)   

Chicago is undoubtedly the capital city of the blues boasting of so many great musicians incomparable to anywhere else. However, the unique traditional Chicago Blues sound that got me into the blues in my younger days still exists but not in the main stream even in Chicago any more. 

シカゴが今もブルースのメッカであることは確かだ。これほど優れたブルースミュージシャンがごまんといる街は、世界中他にどこにも無いだろう。しかし、自分が若い頃にシカゴブルースにハマったそのユニークな古典的サウンドは、今でもあることはあるが、もはやシカゴですらそれは主流からは外れている。 

  

Time has changed over the decades, and so has the sound of Chicago Blues. It has evolved into more contemporary styles. I knew this was the case before I made my move to Chicago a few years ago, but I needed to see it firsthand. 

この何十年かの間に時代は変わり、それにつれてシカゴブルースもよりコンテンポラリーな音へと進化した。僕は数年前シカゴに引っ越す前に既にそのことは知ってはいたが、自分の目で確かめたかったのだ。 

  

Only a small number of players, most in their 70s or above, are still carrying a torch from the heyday of traditional style Chicago Blues from the 1950s-60s. It is gradually fading away year after year. I am very fortunate that I caught the tail end of it. 

1950年代から60年代に栄えたシカゴ特有の伝統的なサウンドは、今では70歳代かそれ以上の一握りのプレーヤー達が今も引き継いでいるだけで、この街ですらもう古いものとして年々影が薄くなって行く一方だ。それが消えてしまう前に体感できて良かった。 

  

With the time and effort I invested, I have done most everything that I wanted to achieve in Chicago. I have come to my senses and reset my goals in life not to be too wishful and over-ambitious. At this stage, it is important to be in control of my own career and play the music that I want to play. 

ここで費やした時間と努力で、やれることをほぼやり遂げた。僕は希望的観測や無謀な野心はやめて、一旦ここでゴールを仕切り直すことにした。今の時点では、自分のやりたいことを自分のやりたいようにやるのが一番だ。 

  

This month, I am moving back to the San Francisco South Bay Area where I came from. There I will continue pursuing the good old school style of blues to my heart’s content. Writing my own materials is also long overdue. It is a continuation of my soul searching. 

今月、元来たサンフランシスコ南湾岸地域に戻って、気が済むまで古典的なスタイルのブルースを続けよう。自分の曲作りもだ。心の向くままその探究が続く。 

  

All in all, I have had the time of my life in this big city. Thank you Chicago and so long till I shall return. 

これまで長年ブルースをやって来た中で特に、シカゴでは最高の時間を過ごせた。ありがとうシカゴ、またこの街に来るまでしばしのさよならだ。

 

Leaving Chicago (1 of 2) シカゴを去る(その1) 

 

My residency in Chicago is coming to an end soon. I had a good run playing about 200 gigs around the city over the last few years. However, with the city lockdown continuing, it is becoming increasingly difficult to sustain living in Chicago. Now I have to balance reality and pursuing my dream of playing the blues. 

シカゴでの生活も終わりに近づいた。この数年間に約200本のライブをこなせて良かった。しかし、新型ウィルス対策である市街の封鎖が今後も続く中、この街に住むのがますます難しくなった。今は、現実とブルースを演奏する夢とのバランスをとらねばならない。 

  

What I gained most in Chicago is the confidence as a blues musician after surviving the blues scene in the city. Because if I can play the blues in Chicago, I can play them anywhere in the world. 

シカゴで得た最も大きなものは、そのブルースシーンの第一線で活動できた自信だろう。それはこの街で通用すれば、世界中どこへ行ってもブルースを演れるからだ。 

  

I aimed my very best every time I performed in public. In this competitive market, I knew it was the only way I could stay in the game. 

人前で演奏するときは、常に最上を目指した。競争の激しいこの街で生き残るにはそれ以外に無い。 

  

Besides, meeting the players that I knew only by their albums before was priceless. I had the pleasure of sitting in with many of them. It was a stimulating and inspiring experience. 

その上、それまでアルバムでしか知らなかったプレーヤー達と知り合えたのは貴重だ。その多くとステージでプレー出来たのは、刺激的な経験であった。 

  

Shortly after I moved to Chicago, I was lucky to be hired by Mr. JW Williams, the former bassist for the great Buddy Guy and Junior Wells. With JW’s Band I had the opportunities to play regularly the premier nightclubs in the city such as Blue Chicago, B.L.U.E.S., and Kingston Mines. In parallel, I had my own band activities as well. 

シカゴに移って間もなく、元バディ・ガイとジュニア・ウェルズのベーシスト、JWウィリアムス氏のバンドにギタリストとして雇われるという幸運に恵まれた。そのバンドで市街の有名ブルースクラブに レギュラー出演出来たことは大きい。それと平行して自分自身のバンド活動も行った。 

  

My ultimate goal was to build my presence as a front man in this city, which had never been done by any Japan-born blues guitarist & singer before. To pursue that possibility further, I realized that I would have to invest my time much longer than a few years to make more right connections. 

ここからさらに飛躍して自分がフロントマンとして売れる (それはシカゴブルース界では、日本から来たブルース・ギタリスト兼シンガーでは未踏だが) 可能性を高めるには、これからさらにもっと長い時間をかけて地盤を築いて行く必要がある。 

To be continued (続く)

Postponing my Japan Tour 春の日本ツアーを延期 

 

I have made a difficult decision to postpone my Japan tour in April until further notice. The new virus is spreading rapidly in the US. The regulations to enter Japan have also been tightened.

残念ながら4月の日本ツアーは延期いたします。 新型ウィルスが現在アメリカでも猛威を奮い、日本への入国規制も強化されました。

  

Last Fall, my tour fell in the same time frame as the monstrous typhoon was arriving in Japan. But luckily my tour was not on the same course as the typhoon, and therefore, I was able to complete my schedule without a hitch. 

昨年秋に行ったツアーでは、ちょうど日本を襲った大型台風に出くわし、これで2度の災難続き。しかし前回はツアーが台風の進路から少し外れていたので、予定通りスケジュールを全て消化できた。 

  

This is the first time to postpone my Japan tour since I started going there annually in 2013. 

ツアーを延期するのは、7年前から毎年日本に行き始めて初めてだ。 

  

While I feel sorry for those who have been affected by the disease, it was very stressful for me to withdraw my commitment this time. Come to think of it, I have crossed many risky bridges over the past few decades in one way or another. 

この病気の影響を受けた方々の事を考えると心が痛むが、今回、自分がコミットした事を不実行に終えるのは、すごいストレスだった。考えてみるとアメリカに住むようになって30年以上の間、一か八かの危ない状況をどうにか何度も乗り越えて来た。 

  

The current uncertainty is on an unprecedented scale. I am trying to be vigilant enough not to be infected by the new virus. On the other hand, I cannot continue living in fear every day forever. 

今回の不確定性は、これまで経験の無いスケールで全く先が見えない。自分が感染をしないようもちろん充分な用心はする。が、一方、永遠に恐怖に慄いて(おののいて) 毎日を過ごすわけにも行かない。 

  

Hopefully the day will come soon when we can put this chaos behind us. 

今の混沌も、過去のものとなる日が早く来ることを祈っています。 

  

Please stay safe everyone. 

皆さん、健康にご留意下さい。

One million mile flyer 100万マイルを飛んで 

 

Earlier this year, I passed one million mile flyer milestone (1.6 million km). It is equivalent to 2 round trips to the moon, or 40 times traveling around the globe. 

今年に入って、100万マイル・フライヤーの通過点を過ぎた (160万km)。何と月までの往復2回分に相当する。あるいは地球を40回も飛行機で一周したことになる。 

  

This included about 30 times each of flying to Europe and Asia, respectively, plus to Canada a few times and many domestic flights in the US over the past 25 years. 

過去25年にわたり、ヨーロッパとアジアに30回ずつほど (ちなみにアメリカ西海岸から日本往復が約1万マイル)、そしてカナダに数回とアメリカ国内が多数という内分けになる。 

  

In the recent years after I turned myself to be a full time musician, I have been touring to Japan annually for the last seven years. 

最近では、フルタイムで音楽をやるようになってこの7年ほど、毎年日本にツアーに行っている。 

  

While I enjoy flying to where my business takes me, being away from home always makes me appreciate my time at home as well. 

遠くに出かけるのも楽しいが、家を離れるとそのたびに自分の家が恋しくもなる。 

  

As they say, those who travel alone travel furthest. My journey in life continues. Perhaps I am up for another million miles. 

一人で旅する者は最も遠く旅する、とよく言われる。人生の旅はこれからも続く。さらなる100万マイルへと。

 

My Upcoming Japan Tour (2) 4月の日本ツアー (その2) 

 

Before I knew it, my annual Japan tour is coming up soon in the second half of April. I am hoping for the best that we can complete the tour without a hitch. 

気が付いたら毎年恒例の日本ツアーが、すぐそこに近付いていた。滞りなく4月後半の全日程を終えられることを願っている。 

  

This tour with 8 shows in 4 cities - Osaka, Kyoto, Nagoya, and Tokyo - will be my effort to integrate what I have done playing the blues over the past few decades. After this tour I will move back from Chicago to San Francisco South Bay, where I came from, and continue playing the blues. 

大阪、京都、名古屋、東京の4都市、計8ライブはこれまで数十年にわたり、ブルースを演ってきた自分の総まとめにする。このツアーの後に、シカゴから元来たサンフランシスコ南ベイエリアに戻ってまたブルースを演り続ける。 

  

Last year I started playing a left handed guitar upside down, namely the strings are in the reverse order (I am right handed). This is the style that was played by the left handed blues guitar greats such as Otis Rush and Albert King. 

去年、僕は左利きギターを逆さにひっくり返して弾き始めた(僕は右利きだ)。これはあの偉大な左利きブルースギター、オーティス・ラッシュやアルバート・キングのスタイルだ。 

  

Because the lighter gauge strings are closer to the chest, it has more room to bend the higher notes by pulling the strings down. It creates deep bluesy sound. 

高い弦が上に(胸に近く)来ているので、それを簡単に引っ張り下げることが出来る。そうすることでディープなブルース・フィーリングが出る。 

  

It is easier said than done to play this style. I have more fluency now as compared to when I adopted this method. But as they say, the more you know, the more you know what you don’t know. 

この演奏法は言うよりも行うが難し。が、僕は遂に自分の演奏法の一つに取り入れた。今ではより上達したが、これは入り込めば入り込むほど奥が深い。 

  

I will bring my lefty guitar to Japan in my humble tribute to the late greatest Mr. Otis Rush who recently passed away. 

今回、日本には左利きギターを持って行く。自分の音楽に多大な影響を与えてくれたあの偉大なる故オーティス・ラッシュ氏に、ささやかながら自分なりに敬意を表するために。

 

My next Japan tour in 2020 2020年春の日本ツアー 

 

It has been 6 years since I started touring Japan annually. It is always my pleasure to bring my orthodox style of blues guitar to the blues fans in my home country. 

日本に毎年ツアーに行き始めて6年になる。自分のオーソドックスなブルースギターを日本のブルースファンに聴いて頂けるのは嬉しいことだ。 

  

The music I dig most is so called Westside Chicago Blues developed in the 1960s by those guitar greats like Otis Rush, Magic Sam, and Buddy Guy. 

僕が傾倒する音楽は、かつて“ウェストサイド・シカゴブルース”と言われ、1960年代にオーティス・ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイら偉大なギタリストにより発展した。 

  

Lately I have been playing my lefty guitar upside down along with one Otis Rush album per day. It is about 1 hour of intense practice with no interruptions every single day. 

近頃、僕は左利きギターを逆さにして (つまり弦逆張りで) 、毎日オーティス・ラッシュのCDを1枚通して、それに合わせて弾いている。何にも邪魔されない約1時間の集中した練習だ。 

  

The benefit of playing the guitar with strings upside down is to be able to bend higher notes deeper by pulling down the strings instead of pushing them up which is most common. 

弦を逆に張る利点は、高音弦を指で強く引っ張り下げることで、より深く音を曲げることができる。ベンディングは弦を指で押し上げるのが普通だ。 

  

I am beginning to better understand that the keys to generate deep bluesy feeling in this method are: 

1. take time to play each note assertively 

2. maximize deep bendings & vibratos. 

3. aggressive closure 

  

この弾き方で深いブルージーな音を出すには、次のことを念頭に置いている: 

1. 一音一音をゆっくりと強く明確に弾く。 

2. ベンディングとビブラートを最大限に使う。 

3. 激しく畳み掛ける。 

  

This tour will be my humble tribute to the late greatest Mr. Otis Rush who passed away last year. His music got me into the blues in my younger days and still continues to inspire me to this day. 

  

来年春の日本ツアーはささやかながら自分なりに、昨年亡くなったあのシカゴブルースの巨人、オーティス・ラッシュ氏に捧げたい。彼の音楽で僕は若い頃にブルースにハマり、今も刺激を受け続けている。

What is coming in 2020 and beyond 来年とその後 

 

In the past 2 years since I came to Chicago, I have seen most of the blues scene in town, although I only scratched the surface as a performer. 

シカゴに来てからこの2年の間にこの街のブルースシーンはほとんど観た。プレーヤーとしては、その表面を引っかいた程度かもしれないが。 

  

Probably I am at the peak of my performance as a blues player. That is the best benefit of living in Chicago because I was able to soak myself in playing the blues in the city. 

おそらく自分のパフォーマンスは今ピークに来ている。シカゴに住んだ一番のメリットは、ブルースを演ることに没頭出来たことだろう。 

  

The next phase in my musical journey consists of a few projects: 

今後の予定はいくつかのプロジェクトからなる: 

  

1. Record a traditional Chicago Blues album with all instruments played by myself - guitar, harp, bass, and drums.

昔風のシカゴブルースのアルバムを、ギター、ハーモニカ、ベース、ドラムと楽器を全て自分で演奏して録音する。 
  
2. Write songs. I have reached the point to start writing my own materials. I already have one or two of my original compositions.

曲を書く。ようやく自分の曲を書き始めるところにたどり着いた。既に1、2曲はネタがある。 
  
  
3. Do my annual Japan tour in the spring next year. I will bring my left handed guitar this time in my humble tribute to the late greatest Mr. Otis Rush.

毎年恒例の日本ツアーを来年春に行なう。ささやかながら、左利きギター(弦逆張り)であの偉大な故オーティス・ラッシュ特集を。 

  

These events will keep me busy next year and beyond. In parallel, I will continue playing around the city with the legendary J.W. Williams & The Chi-Town Hustlers. It is a great opportunity for me to perform regularly at Chicago’s premier blues clubs with them. 

来年以降も忙しくなるだろう。それと平行して、伝説的なJWウィリアムスのバンドで、シカゴの有名ブルースクラブで定期的に演奏できるのは、自分には貴重な機会だ。

After my Japan tour (3 of 3) 日本ツアーを終えて(その3) 

(continued) (前回からの続き) 

In my recent Japan tour, I performed at 6 venues in one week. One of the venue owners mentioned to me that it was good to see the main player of the tour (me) arrived safely in Japan despite the typhoon. 

先日行なった1週間の日本ツアーでは、計6ヶ所で演奏した。ライブハウスのオーナーさんの一人は、台風接近にも関わらず、ツアーのメインである僕が無事に日本に着いて良かったと言ってくださった。 

  

Over the past few decades, I have solidified my guitar style, one that is not commonly seen nowadays even in Chicago – that is the traditional Westside Chicago Blues that was originally developed by the guitar greats such as Otis Rush, Magic Sam, and Buddy Guy in the 1960s. 

長年の間に僕は自分のギターのスタイルを固めた。それは伝統的なウェストサイド・シカゴブルースと呼ばれるものだが、昨今はシカゴですらもうあまり見かけることが無い。そのサウンドは1960年代にオーティス・ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイらの偉大な先達により確立された。 

  

When I play in a trio setting, as I did throughout the tour this time, what I have in my mind as a sound image is the gut wrenching performance by Magic Sam Trio recorded at the Ann Arbor Blues Festival in 1969. A band does not need to be loud in order to be intense. 

今回のツアーのように、ギター、ベース、ドラムのトリオ編成で演奏するとき、自分の心の中でイメージするものは、1969年に録音されたマジック・サム・トリオのアン アーバー・ライブでのあの命を削るような強烈な演奏だ。演奏の強度を高めるのに、バンドは大音量である必要は無い。 

  

Will I ever be in the main stream of the current blues scene in Chicago by stubbornly maintaining such an old school style? I doubt it. However, all I want to do is to play intensely the traditional blues to my heart’s content. 

その古き良き時代の音に固執することで、今のシカゴのブルースシーンで主流になれるだろうか?多分それは無理だろう。しかし僕はその伝統的なスタイルで、心ゆくまで熱いブルースを演りたいだけなのだ。 

  

I have started planning my next Japan tour in 2020 Spring. 

次回の日本ツアーは、来年の春に計画を始めました。

After my Japan Tour (2 0f 3) 日本ツアーを終えて(その2) 

(continued) (前回からの続き) 

Despite these potential pitfalls, my tour was a success. The audience appreciated the traditional style of Chicago Blues that I played. There are quite a few die hard old school blues fans in Japan. Playing for them really keeps me on my toes. 

こういった、ややもするとツアーが台無しになる条件下であったにも関わらず、ツアーは成功した。自分の演奏する伝統的なシカゴブルースは、聴衆に快く受け入れられた。日本には古いスタイルのブルースを好むブルースファンが根強く居るから、こちらも全く気が抜けない。 

  

Probably one of the most common misconceptions that the players in Chicago have is that they assume their popularity in the US, Europe, South America, etc. is also the case in Japan as well. 

おそらくシカゴのブルースミュージシャンが最も共通して誤解している事の一つは、彼らのアメリカ、ヨーロッパ、南アメリカなどでの人気が、そのまま日本でも通用すると思い違えていることだろう。 

  

But it is not. In particular, the newer generation blues artists are practically unknown in Japan. This time I drew the same number of crowds by myself as I did last year when I had a guest from Chicago touring with me. 

実際には、特に新しい世代のブルース・アーチストは、日本ではほとんど無名である。今回のツアーでは結局(ゲスト抜きのトリオ編成で回ったが)、去年シカゴからゲストを同行した時と同じトータルの動員数であった。 

  

After playing around the city of Chicago for 2 years, I guess my performance got stronger in both my guitar and singing. Nothing was more gratifying than when I received a comment from the satisfied audience that they felt my spirit coming out of my play. 

シカゴのブルースクラブで2年間にわたりプレーをした経験を経て、自分のパフォーマンスはギターも歌も強くなった。プレーするこちらの感情がひしひしと伝わったというコメントを、演奏後に聴衆の方々から頂くことほど、冥利に尽きることは無い。 

  

I will continue delivering to Japan the blues that I have been playing over several decades in the US. Besides, one of my motives to go there is to enjoy the Japanese cuisine while I am there. Home is where my stomach is, after all. 

この数十年にかけてずっと演奏してきたスタイルのブルースを、これからも日本に伝えたい。日本にいく動機の一つに美味しい日本料理がある。何といっても、食べ物は故郷が最高なのだ。

 

To be continued (続く)