You are visitor number: 3666

Following Dreams 夢を追うこと 

 

The other day I read an article about Junko Yazawa, the first Japanese female physical trainer in the Major League Baseball (with Diamondbacks). I had the pleasure of meeting her in Austin TX when I was living there over 10 years ago. 

先日、現在アメリカ大リーグ(ダイアモンドバックス)で、日本人女性では初めてのフィジカルトレーナーをされている谷沢さんの記事を読んだ。僕が10数年前に、テキサス州オースチンに住んでいた頃に、お会いしたことがある。 

  

The inspiring part of her story was that she is following her dream of pursuing her career in the US after she paid her due to go over the obstacles. Doing something unprecedented would be like walking a long dark road at night alone feeling solitude and anxiety, and finally seeing a light at the end of the tunnel. 

その記事で感銘を受けた点はやはり、下積み期間を経て、日本人女性として初めてのキャリアにたどり着いたことだ。前例にない事をやるのは、暗い夜道を孤独と不安に耐えてトボトボ一人で歩き、ようやく次の街の灯りが見えたような安堵感があるに違いない。 

  

For those who desire to immigrate to this country, so called Green Card (permit for permanent residency) is a must have. The value of it could be heavier than the weight of earth to them because their life will be denied without one. I have been through the process of obtaining one myself a few decades ago. 

アメリカ移住を願う者にとっては、いわゆるグリーンカード(永住権)は、大げさではなくまさに“地球より重し”といった感がある。それが無いとこの国では生活して行けないのだ。自分自身も以前に経験したが、誰しもその取得には苦労する。 

  

In my case, the pursuit of my dream still continues as well. Last Fall, I moved the base of my music activities to Chicago, the home of blues. The first six months were intensively spent for networking, which fortunately resulted in my current position as the lead guitarist with an established blues band. For the following 6 months, I have proven that I can regularly play with them at Chicago’s premier night clubs. 

僕は、今も夢を追い続けている。昨年秋に音楽活動のベースをブルースの本場シカゴに移し、最初の半年ほどは人脈作りに奔走した。それが地元で名の通ったバンドに加入するという願っても無い幸運に繋がった。その次の半年の間に、自分の技量がシカゴの有名クラブでも通用するものであることを示した。 

  

My next phase is ultimately to be known as a frontman for my own band. Going into the next year, it would be a long and winding road for me to get there. But I have to keep dreaming in order to make my dream come true. 

次のフェイズは、いよいよ究極の目的である、自分がフロントマンとして顔と名前が知られるようになる事だ。来年はそのきっかけとなるかどうかだが、これは気が遠くなるような長い道のりだろう。しかし夢を実現するには、夢を見続けないと。 

  

(Here is the link for the article quoted above): 

(文中に引用した記事のリンクは): 

http://jballallen.com/yazawas-journey/?fbclid=IwAR3OaS7mo38-IbdJSWfJLqA5vWZHe5UUo7f51nhV-O0vwmCBD5fQkqjNVMg

Good Old Westside Chicago Blues 

In my younger days, my blues guitar influence top 5 were: Otis Rush being the most influence, followed by Magic Sam and Buddy Guy for so called Chicago Westside's “squeeze guitar” style, and Eddie Taylor, Robert Lockwood Jr. for the down home Chicago Blues style. 

昔、ブルース・ギターにハマリ始めた頃、最も影響を受けたプレーヤーのトップ5をあげる。いわゆる“スクィーズ・ギター”系ではオーティス・ラッシュがダントツで、マジック・サム、バディ・ガイ。ダウンホームなシカゴブルース系では、エディー・テイラーとロバート・ロックウッドJr  の5人だ。 

  

The ES-335 in the pic I bought in the late 70’s back in Japan has been indispensable to play the traditional Chicago Blues. It has a naturally gritty tone that the recent models do not have. 

1970年代末から使っているES-335  (写真) は、伝統的なシカゴブルースを演るには欠かせない。最近のモデルも持っているが、古い方がよりそれらしい自然なトーンが出る。 

  

When I used a few other guitars some years ago, they widened my guitar sound. However, playing the late greatest Otis Rush’s songs a lot lately reminded me what strikes my heart strings most. I am set to continue pursuing the Westside Chicago Blues sound from the 60s. 

この何年かの内に、他の種類のギターを幾つか使うことで音の幅が広がった。しかし先日来、故オーティス・ラッシュ氏の曲をしばしば演奏していると、自分の心の琴線に触れる音は何かを思い出させてくれる。やはり(最初からそうであったように)、1960年代のウェストサイド・シカゴブルースを、これからもやっていくつもりだ。 

 

I hope my recent addition of Riviera (see the previous entry) will deepen the sound that I have been pursuing since my school days. 

最近手に入れたリビエラと合わせて、自分が学生の頃から追い続けて来たブルース・ギターの音をさらに深めよう。

My dream guitar 

I have recently become a proud owner of 1960’s Epiphone Riviera (pic), my dream guitar for many years. 

先日、1960年代のエピフォンのリビエラ(写真)を購入した。長年夢に見たギターだ。 

  

The sound I can associate with this guitar is Magic Sam, who is one of the major influences on my guitar style. 

このギターはマジック・サムの音と繋がる。自分のギター・スタイルに影響を与えた一人である。 

  

In particular, I used to listen to his Westside Soul and Black Magic albums till they were worn out. 

特に、彼の“ウェストサイド・ソウル” と “ブラック・マジック” の二枚のアルバムは、擦り切れるほどよく聴いたものだ。 

  

I can not wait to bring the good old Westside Chicago Blues sound to the stage using this guitar. 

このギターを使って、古き良きウェストサイド・シカゴブルースの音をステージで出すのが楽しみだ。

Move to the city of Chicago シカゴ市内に引っ越し 

I have recently moved to the city of Chicago from the suburbs to be closer to the action of its blues scene. It is important for me to stay within a short drive distance to the forefront of its music activities. 

先日シカゴの郊外から市内に引っ越した。ブルース・シーンの中心の近くに居るためだ。音楽に関わるのに、そこに車ですぐに行ける距離に居るのは大事だ。 

  

This town has incredible quality and quantity of talented blues musicians, and yet, the number of venues where they can perform is very limited. 

この街に居るブルース・ミュージシャンの質と量は凄いものがある。にも関わらず、ブルースを演奏できる場所はきょうびは限られているのが現状だ。 

  

Before I moved here from the West Coast, I had visited this city several times. The old school blues sound that I dig most is a rare find even in Chicago nowadays. As a resident in this town since last year, I confirmed what I knew before. 

西海岸からシカゴに引っ越して来る前に、僕は何度かこの街を訪れて、自分が聴き込んできた伝統的なブルースは、もはやシカゴですら稀である事を知っていた。昨年から当地で暮らしてみて、その事を確認したに過ぎない。 

  

I am now located about 10min drive to Halsted and 20min to downtown of Chicago. This is my determined attempt to be seen more in public to make things happen. 

今回の引越しで、(キングストン・マインズやB.L.U.E.S.のある) Halsted 通りに10分、シカゴの街中まで20分で行けるようになった。露出も兼ねて、ブルース・クラブにより足しげく通おうというモクロミだ。

 

"Stone Crazy" album by Mr. Buddy Guy 

 

In the previous entry of this blog, I mentioned about J.W. Williams, the legendary bluesman in Chicago. Notably he was on the album of Buddy Guy entitled Stone Crazy as a bassist. It was released in the early 1980s when I was still in school in Japan. 

前回のブログでシカゴの伝説的ブルースマン、J.W. ウィリアムスについて書いた。知られたところでは、氏はバディ・ガイのアルバム ”ストーン・クレイジー“ でベースを弾いている。それは1980年代始めにリリースされたが、僕はその頃まだ学生だった。 

 

A few years prior to that, I started digging the Chicago Blues very deep. The style of the blues I liked, and I still like most, was so called Westside Chicago Blues, the unique guitar blues sound developed in the 1950s through 60s by the greats such as Otis Rush, Magic Sam, and Buddy Guy. 

その数年前に僕はシカゴブルースに深くハマり始めた。特にウェストサイド・シカゴブルースと呼ばれるスタイルのギター・ブルースが一番気に入っていたし、今もそうだ。それは、1950年代から 60 年代にかけて、偉大なオーティス・ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイらによって創られたサウンドだ。 

  

I remember when Buddy Guy’s Stone Crazy album came out, I and my blues buddies in Japan back then were stunned by the bold direction that Mr. Guy took, namely, the contemporary blues sound where his guitar was fiercely screaming. In my humble opinion, the album may be considered an epic turning point for the Chicago Blues to target bigger audience. 

前述のバディ・ガイの“ストーン・クレイジー”が出た時、僕は日本に居たのだが、当時のバンド仲間とそれを聴いて驚いたものだ。バディ・ガイ氏がそのアルバムで、大胆にコンテンポラリーな音作りに変えてギターを弾きまくっていたからだ。私見ながら、それはシカゴブルースがより多くの聴衆をターゲットとした、ターニング・ポイントだったかもしれない。 

  

I recognized that J.W. Williams was on that album as the bassist when I started playing guitar for his band The Chi-Town Hustlers last Spring. I did not have the slightest idea that I would end up playing with J.W. in Chicago more than a few decades after I heard, for the first time, the work he participated in recording in the 1980s. 

僕はこの春にシカゴで、JW ウィリアムス氏のブルースバンド ”チャイタウン・ハスラーズ“ にギタリストとして入ったときに、彼がそのアルバムでベースを弾いていたことを認識した。日本で初めてそのアルバムを聴いてから、何十年もたってからのことだ。 

  

Life is full of chance meeting, but how rare the probability of this to happen in one’s life? Think about it. It is wild. 

人生で偶然の出会いはよくある。しかし、こんな稀有なことが起こることが一生のうちにあるのだろうか?考えてみると、ワイルドだ。

 

Mr. J.W. Williams, the Chicago Blues Hall of Fame inductee JW ウィリアムス氏が殿堂入り 

 

Today J.W. Williams, the former bass player for Buddy Guy and Junior Wells, was inducted to the Chicago Blues Hall of Fame in the “Legends” category.  It is the highest honor among the inductees.   

今日、JW ウィリアムス氏 (元バディ・ガイやジュニア・ウェルズのベーシスト) がシカゴブルース殿堂入りをした。最も権威のある“レジェンド”のカテゴリーで。 

  

It also includes the late greats Eddie Taylor Sr., Louis Myers, Fred Below Jr., Oddie Payne Sr. I grew up listening to the music of these big names while I was in Japan decades ago. 

そのカテゴリーには、他にも故エディー・テイラーSr、ルイス・マイヤーズ、フレッド・ビロウ、オディー・ペイン氏らの有名人が含まれた。僕が昔、日本でブルースに深くハマり始めた頃に、聞き馴染んだ名前ばかりだ。 

  

In the picture, J.W. is making his acceptance speech during the award ceremony at Buddy Guy’s Legends in Chicago. Standing aside is his wife Janet. 

写真は、JW氏の受賞スピーチのシーン。横に立つのは奥さんのジャネットさん。 

  

It is my supreme honor to be currently in JW Williams’ band called the Chi-Town Hustlers as his guitar player. It is an once in lifetime opportunity for me. 

JW氏のブルースバンド、チャイタウン・ハスラーズに、僕が今リード・ギタリストとして所属していることは、自分にとってこの上ない栄誉であり、一生に一度の機会だ。 

  

Congratulations Mr. J.W.!! 

おめでとうございます、JWさん!

Singing the Blues ブルースを歌う 

From the point of view of playing music, what was most beneficial for me after living in the US for decades? It is undoubtedly that I have become bold enough to SING the blues. Playing instruments can be learned anywhere. 

アメリカに長く住んで、音楽的に良かったことを一つ挙げるとすると、それはアメリカで聴衆に向かって、臆せずブルースを歌うようになったことに尽きる。楽器の演奏はどこに居ても上達できる。 

  

Blues is about the daily life. Playing instruments and singing can be synergetic in getting my emotion into songs. 

ブルースは生活を歌ったものであるから、楽器だけではなく歌と両方をこなしてこそ、その相乗効果でいっそう感情移入ができる。 

  

Blues was born in the US, and therefore, to me playing the blues in this country has been a challenge and also the most rewarding experience. 

ブルース音楽を生み出した国アメリカで通用するブルースをやることは、今もチャレンジでありかつ、やり甲斐のある経験だ。 

   

In particular, when the audience grooves to my play and starts dancing, I often feel that I am even spiritually connected to them. 

当地で、聴衆が自分の演るブルースにノッてきて、踊り始めたりするの見るとき、彼らとスピリチュアルに繋がったと感じるときさえある。 

  

Being accepted here as who I am as a blues player is most gratifying. 

当地で自分がブルース・プレーヤーとして受け入れられることほど、冥利に尽きる事は無い。

 

My second Winter in Chicago is approaching シカゴでの2度目の冬が近い 

Five years ago I turned myself into a full time musician. It has been one of the best decisions I have ever made in my life, as my blues spirit needed to be set free. Being in control of my own music activities is the most rewarding experience, while it is also very stressful to take care of all the band business on my own. 

5年前に僕はフルタイムで音楽をやり始めたが、これまで決心したことの中で最良のもののひとつだ。自分のブルース心が自由を求めていたのだ。自身の音楽活動を自分でコントロールできるのは、極めてやりがいがある。その一方、バンドに関するビジネスをすべて自分でやるのは、非常にストレスも溜まる。 

  

The summer in Chicago was hot and humid as compared to that of the West Coast where I came from. But now that we are in October, the temperatures in the evening and morning are dropping. It feels that the Winter is knocking on the door following the short Fall here. 

シカゴの夏は、長く住んだ西海岸に比べると蒸し暑かった。10月に入って朝夕が冷え込むようになった。また、寒い冬の到来が近いことを感じさせる。 

  

Entering my second year living in Chicago, my time in this town has been mostly fun but also takes a lot of endurance out of me. 

シカゴでの生活も2年目に入った。これまでこの街での生活は非常にエンジョイできるものだったが、一方、この生活を続けるのには忍耐力も要する。 

  

Namely, some days are good that I am invigorated and motivated to continue doing what I am doing. Other days are such that I feel like I am spinning my wheels and want to pack up and go home. 

良い日もあれば悪い日もある。つまり、ヤル気に満ちて活動的な日もあれば、気分が空回りをして嫌になる日もある。 

  

In the long run, happiness is about making more good days than bad ones overall. 

思うに、長い目で見ると、幸福感とは如何にして良い日を悪い日よりも多くするかにあるのだろう。

The late greatest Mr. Otis Rush 

Yesterday, the Chicago Blues community was saddened by the news of Mr. Otis Rush’s passing. 

昨日、シカゴブルース界は、巨星オーティス・ラッシュ氏の訃報に打ちひしがれた。    

  

Among the Westside Chicago Blues guitar sound developed in the 1950s -1960s by those guitar greats, his guitar had the most influence on me when I started digging the blues. His deep bending and vibratos, combined with his soulful vocals, never failed to send a chill down my spine. 

1950-60年代に、いわゆるシカゴ・ウェストサイド・ギターブルースのスタイルは、偉大なギタリストたちにより作られた。中でも僕がブルースを聴き始めた頃、最も影響を受けたのがラッシュ氏のギターだった。その深いベンディングとビブラートは、ソウルフルなボーカルと相まって、聴くといつも背筋にゾクッと来る。 

  

In retrospect, my first encounter to Chicago’s “squeeze guitar” blues in my high school days were two of his albums - Cold Day In Hell and Live in Japan. In particular, the song called Three Times A Fool of his was the very first song that I learned what the shuffle groove was. 

振り返ると、僕が高校時代にシカゴの“スクィーズ・ギター”系のブルースに出くわしたのは、ラッシュ氏のアルバム2枚、Cold Day In Hell と Live In Japan だった。その中にあったThree Times A Fool と言う曲で、僕は初めてシャッフルのグルーヴを学んだ。 

  

It is not an exaggeration to say that Chicago had been my ultimate destination because of the legacy of music like his. 

氏の音楽のような伝説的な遺産があればこそ、自分にとってシカゴが究極の目的地であったことは決して誇張ではない。 

  

Last night, I humbly had the honor to pay my own tribute to Mr. Rush by playing the song that defined my music direction in my younger days - that is Three Times A Fool, during my gig with J.W. Williams and the Chi-Town Hustlers at Blue Chicago. 

昨夜、ささやかながら僕はブルーシカゴでのライブ中に、追悼の意を込めてラッシュ氏のThree Times A Fool を演奏させて頂いた。僕が音楽を始めた頃に自分の方向を決定づけた曲だ。 

  

His legacy will live on. 

氏の伝説は生き続けることだろう。

Playing the Blues in Chicago シカゴでブルースを演ること 

 

The purpose of my life in Chicago is one thing only – to play the Blues. I keep networking with the local musicians hoping that they will continue to support me in my own band activities. 

シカゴで生活する目的は一つ、それはブルースを演ることにある。当地のミュージシャンとのコネ作りに今も力を入れているのは、自分のバンド活動に彼等のサポートが必要だからだ。 

  

Many blues jams happening in town are great to meet the local musicians. In addition, they provide a stage to experiment. I have recently started attending blues jams to play drums and soon I will bring my bass guitar to jam sessions as well. 

市街地で行われているブルース・ジャムセッションは、現地のミュージシャンと知り合いになる良い機会だ。さらに、何か新しいことをステージでやってみる絶好のチャンスでもある。先日来、僕はブルース・ジャムでドラムを叩き始めたし、そのうちベースギターも弾くつもりだ。 

  

Another means for me to connect with the local blues scene was to sit in with the featured bands at primary blues clubs where musicians also hang out. Indeed that was how I landed my current regular gigs. I was very lucky to be at the right place at the right time. 

コネクションを広げるもう一つの手段は、ミュージシャンがよく出入りする主要ブルース・クラブに出演しているバンドに、飛び入りで演奏させて貰うことだった。実際そうして、今レギュラーでやっているライブの仕事が見つかった。たまたま運良くそこに居合わせただけだ。 

  

Nowadays highly skilled blues musicians outnumber the venues in Chicago that book blues bands. Therefore, the competition for survival becomes fierce. 

昨今ではシカゴの腕利きのミュージシャンの数は、演奏出来る場所の数よりも多いから、生き残り競争が当然激しくなる。 

  

It takes mental toughness to be a musician in this city. Bar gigs often require living a night life. As someone said, when you have to make a living, it is no fun to play music. I am playing the blues for living, and yet having fun for the love of it. That is a bonus. 

この街で音楽でメシを食って行くのには、強い精神力が要る。ナイトクラブの仕事の多くは、夜型の生活を強いられる。生きるために音楽をやるのは、もはや楽しくないと誰かが言っていた。僕は生活の糧としてブルースを演っているが、同時にそれを楽しんでいるから、それはボーナス以外の何物でも無い。