You are visitor number: 4331

Flying V left handed 左利き用 フライング V 

Since I got hold of a left-handed Flying V guitar last year, I have been digging the late greatest Otis Rush’s music more than ever. Throughout my music journey, he has been my biggest influence and inspiration. 

昨年、左利き用のフライングVを手に入れて以来、故オーティス・ラッシュ氏の音楽をこれまで以上に深く聴き込んでいる。自分の音楽に、一生で最も大きな影響とインスピレーションを与えてくれたアーチストだ。 

  

He was a left-handed guitarist and played a right-handed guitar flipped upside down without re-stringing the strings, similar to the way Albert King played. 

彼は左利きで、右利き用のギターを逆さにひっくり返して、弦はそのままで弾くスタイルだ。あのアルバート・キングもそうだったように。 

  

This is one of the factors that makes their guitar play unique because of the ease of bending high strings deeply by pulling them down. Figuring out the chord positions upside down takes patience for me like solving a puzzle piece by piece. 

彼らのギタープレーをユニークにするゆえんの一つは、高音弦の曲げ幅が大きくなることにある。が、コードの押さえ方を上下逆さまにするのには、自分にはまるでパズルを一つづつ解く辛抱強さが要る。 

  

I can now visualize in my mind how Otis Rush’s right hand (left hand for me being right-handed) moves over the fret and where it is going. All of his albums are sounding refreshing to me again. 

ようやくオーティス・ラッシュの指と右手 (右利きの自分にとっては左手) の動きが見えるようになってきた。氏のアルバムが今また全て新鮮に聞こえる。 

  

It took me several decades to come this far since I was awed by his guitar play in my high school days. I needed to fully soak myself in the blues in Chicago to dig Otis Rush’s music deep enough to truly appreciate what he had done. 

高校時代に彼のギターをレコードで聴いて衝撃を受けて以来、ここまで来るのに数十年の歳月が流れた。ラッシュ氏の音楽をより理解するのに、僕にはシカゴの街でブルースに深く浸り切ることが必要だったのだ。

Tale of the Riviera リビエラ話 

 

Last Fall I became a proud owner of a 1967 Epiphone Riviera (photo). This selection was crucial for me to complete my guitar sound. 

昨年秋に、もう製造されていないエピフォンの1967年製リビエラ(写真) を手に入れた。以来、それは自分のサウンドを固める貴重なギターとなった。 

  

Originally I intended to dig the late great Magic Sam tones that were captured in his masterpiece “Westside Soul” and “Black Magic” albums. In my opinion, it has a crunchy blues guitar tone that cannot be reproduced by any other modern guitars. 

元はと言うと、マジックサムが残した偉大なアルバム”ウェストサイド・ソウル“ や ”ブラック・マジック“ で聴ける、あの独特の硬質なトーンを追求したかった。私見ながら、昨今に作られたギターには無いブルージーな音が出る。 

  

It turned out that this guitar can be versatile for fine rhythm backings behind singing and good for strenuous “squeeze” play with full of deep bending notes as well. The late Mr. Otis Rush used to use one in the 1960’s as well. 

このギターは、歌のバックに回ったときの繊細なバッキングにも、深いベンディングを多用したいわゆる“スクィーズ”ギターソロにも良い。あのオーティス・ラッシュ氏も1960年代には使っていた。 

  

Its sound quality is comparable to the Gibson ES-335 that I have own since 1970s. These old ones somehow have naturally aged tones that fit my needs well. 

その音質は、僕が1970年代から使っているギブソンのES-335 にも匹敵する。こういった古いギターは、年季の入った自然なトーンが出る。 

  

In conjunction with my all time favorite guitar amp, Fender Twin Reverb, it will be my companion for a very long time from this point on. 

長年にわたり愛用してきた、フェンダー製ツィンリバーブ・アンプとの組み合わせは、これからもずっと欠かせない。

As the years go by 年月とともに 

 

I was born in April. The other day another year passed by. I have been told that people develop maturity and tolerance as they get older. 

僕は4月生まれなので、つい先日また歳を一つとった。人は歳を取ると人間が丸くなるとよく言われる。 

  

In my case, however, my patience against daily nonsense is gradually fading away. It is probably because I am less concerned about how I am perceived by the others as I get older. 

しかし自分では、日々身の回りで起こるナンセンスな物事に対して、忍耐力が徐々に薄れて来ているように感じる。それはおそらく歳をとるにつれて、人が自分の事をどう思うかなどあまり気にならなくなって来ているからだろう。 

  

Particularly in the artistic and free spirit of music world that I am in now, I have encountered numerous occasions that do not make common sense in public. 

音楽という芸術的な、そして自由な精神が重んじられる世界では特に、その一方で一般の常識では考えられないような無責任な状況に出くわすことがよくある。 

  

To me, blues music is not only a great art form that I admire, but also a means to make a living. When it comes to doing business, mutual trust and respect go hand in hand in my stubborn world.

自分にとってブルース音楽とは、単に深く傾倒している芸術のフォームというだけでなく、それは生活の糧である。人とビジネスをするときは、相互の信頼と敬意が頑としてモノを言うのに変わりはない。

 

As is often said, “Learn wisdom by the follies of others”, after all. 

よく言われるように結局のところ、”人のフリ見てわがフリ直せ“ということか。

My journey 旅は続く  

 

When we perform on stage, it is gratifying to see people enjoy the music we play. In particular, when they are there to celebrate their special occasions such as birthday, anniversary, etc, it is heartwarming to see them having a good time. 

ステージで我々がプレーする時、自分たちの音楽を聴衆にエンジョイして頂けるのは嬉しい。特に、誕生日や記念日といったその人たちの特別な日を祝うために、音楽を楽しみに来てもらえるのは、こちらも心温まる思いがする。 

  

The other night, it was a retirement party in the audience where a group of people gathered to have fun. Over five years ago, I took a retirement myself from the fast paced life in a corporate world. Since then I have been pursuing my career as a full time musician. 

先日は、退職記念を祝うグループが聴衆に居た。自分自身5年以上も前に、会社勤めをしながらの目まぐるしい生活から退いた時のことを思い出す。以来、フルタイムで音楽活動をしてきた。 

  

It has been a daily struggle to make both ends meet as a blues musician. Especially in Chicago, there are many great blues musicians seeking opportunities to perform, and yet, there are only so many venues that could provide them with exposure. In the good old days, I assume things were different. 

ブルースをやって生活しようとするのは、まさに日々の格闘だ。特に、シカゴブルースを生んだシカゴには、腕利きのプレーヤーがごまんと居る。その一方、演奏できる場所は限られている。古き良き時代には、状況は違ったことだろう。 

  

I am approaching my two year residency in Chicago where I came to see how far I can go as a blues player. In this journey, it is not the destination that is all important because I am enjoying the process of trying to get there day to day.

シカゴに住んでこの秋で丸2年になろうとしている。この街に来てブルースプレーヤーとして一体自分がどこまでやれるのか知りたかったのだ。しかしこの旅で大事なのは、必ずしもその目的地に到達するかどうかが全てではなく、その過程を日々楽しむ事にある。

 

Blues with no frills 飾りの無いブルース 

 

I started playing the guitar and blues harp in my teenage years without any formal music training. Somehow I had skills to learn how to play instruments by ear. 

僕は10代のときに、まともな音楽教育も受けずにギターとハーモニカを始めた。どういうわけか、耳から入ってくる音を聞いて、演奏できるようになった。 

  

There is something about the blues music that inspires me but cannot be described in music scores. It is the emotion that comes out of the inner players. Without that, blues can be repetitive and monotonous. 

ブルースという音楽は、楽譜には表すことのできない、心を動かす何かがある。それは演奏者 (あるいは歌い手) の内なる感情が外に出て来るからだ。それが無いと、ブルースは同じパターンの繰り返しで単調になりかねない。 

  

Over the past few decades, there have been only a few moments I recall vividly of my own performance; which includes once in Kyoto in an established night club, another one in Minneapolis at a dive bar, and the other one was outdoor in Austin TX where I played my slide guitar. 

この数十年の間に、自分のパフォーマンスの中で鮮やかに記憶に残るものは、数回いや数曲に過ぎない。学生時代に京都のライブハウスで1回、アメリカに来てからミネアポリスの安酒場で1回、それとテキサス州オースティンの屋外ステージではスライドギターを弾いていた。 

   

In those few minutes, I felt so naturally high that I was enjoying the sounds coming out of the band myself as if I was in the audience. Connecting with the crowd was also crucial. 

その瞬間はごく自然に気分がハイになり、あたかも自分も聴衆の一人としてバンドが出している音を楽しんでいるような感覚だった。聴衆との一体感も大事だ。 

  

Raw and gritty blues touches my soul. I would much prefer playing my guitar straight through an amp with no effectors. 

自分の魂を揺さぶるのは、粗削りな生音に近いブルースだ。ギターも、エフェクターを使わずにアンプをそのまま通した音が一番シックリ来る。

  

I just want to play the blues with passion and no frills. 

僕は、飾り気の無い、熱いブルースをやりたいだけなんや。

1 year anniversary with JW Williams Band, JW ウィリアムス・バンドと1周年 

 

Last Spring, I was very fortunate to land a guitarist position with the legendary JW Williams & Chi-Town Hustlers. Since then I have had opportunities to play around in Chicago. 

昨年春に、シカゴの第一線で長年活躍する伝説的なブルースマン、JW ウィリアムス氏のバンド、チャイタウン・ハスラーズに幸運にもギタリストとして加入して、もうすぐ1年になる。以来この街で数多くのライブをこなしてきた。 

  

Mr. Williams is known among the blues fans in Japan as well. He performed at the Japan Blues Festival last Summer. 

ウィリアムズ氏は昨夏、青森のブルース・フェスティバルにも出演したから日本のブルースファンにもお馴染みだろう。 

  

JW’s powerful singing skills while playing his bass guitar always leave my jaw dropped in awe. Also his staging to flow songs one after another is quite new to me. It is an entertaining way of playing the blues.  

氏のベースを弾きながらのパワフルなボーカルは圧巻である。曲と曲の間を空けずに次々と演奏して行くショーアップされた演奏も、自分には新しいものだった。 

  

While the sound of Chicago Blues has changed with time, there are a handful of living legends still retaining the traditional style of the blues from its heyday. 

シカゴ・ブルースのサウンドは時代と共に変わったが、一方では一握りの生ける伝説的なアーチストたちが、その全盛期の頃のスタイルを固持している。 

  

I am blessed by catching both styles of current blues scenes in Chicago - the old school and the contemporary. The traditional style of Chicago Blues may be fading away slowly even in Chicago, but I believe that blues music is a universal language and will live on in daily life. 

シカゴに来てその伝統的なスタイルと、より現代的なブルースを両方とも体感できたことは、良かった。古典的なサウンドは、もはやシカゴにおいてすら徐々に消えて行くのかも知れない。しかしながら、ブルースは共通の言語として日々の生活に残されて行くのだろう。

Multiple instrumentation  複数の楽器を演奏すること 

 

Lately I have been playing my bass guitar and drums at blues jams, making public appearance occasionally (photo below: courtesy of Ariyo at Rosa’s Lounge in Chicago). 

近頃、僕はベースとドラムでしばしば当地のブルース・ジャムセッションに出没している。(写真下はローザズ・ラウンジの木曜ジャムのハウスバンドのピアニスト、有吉氏の撮影による。) 

  

Playing multiple instruments helps me to know exactly the sound I want when I perform with my band. 

複数の楽器を演奏することは、自分のバンドとして出したい音を具体的に掴むのに非常に役立つ。 

  

It is my attempt to make a progress toward recording a traditional Chicago Blues album with all instruments played by myself - guitar, harp, bass, and drums. 

僕はいつか、伝統的なシカゴ・ブルースのアルバムを、ギター、ハーモニカ、ベース、ドラムを全て自分で演奏して録音しようと考えている。 

  

It is on my to-do list to clear one of those days. There are so many things to do, and yet, there is so little time. 

それは、自分で決めた課題の一つだが、実はやりたいことが多すぎて、いくら時間があっても足りないのが悩みではある。

 

(In the picture below I am playing the bass guitar on the furthest right. 写真下では右端でベースギターを弾いている。)

Have I seen enough of Chicago? シカゴをもう堪能したのか? 

 

It has been a year and a half since I came to Chicago in 2017. As a new comer, I have done fairly well playing many gigs including my own in the past year. 

2017年にシカゴに来てから1年半になる。過去一年の間に、自分のバンドも含めて多くのライブをこなして来た。 

  

Recently I have moved to the city of Chicago from the suburb to stay closer to the blues scene of this town. Accordingly my living cost went up substantially. As the late Mr. Otis Rush song goes, “Ain’t Enough Coming In To Take Care Of What’s Got To Go Out”. 

シカゴのブルース・シーンの近くに居る目的で、最近になって郊外から市街地に引っ越した。それに伴い生活費もアップした。故オーティスラッシュ氏の曲にもあるように、出ていくものの方が入ってくるものよりも多いというわけだ。 

  

I am practically living in my dream day to day by playing the blues in this town, the home of Chicago Blues. But I have already seen both good and bad sides of it. If I continue staying here, it is for the love of the blues. 

実際のところ、シカゴブルースを生んだこの街でブルースを演ることで、日々自分は夢の中に居る。しかしこれまで既に、この街の良いところも悪いところも両方見てきた。今後もここに居残るとすれば、それはブルースがこの上なく好きだからだ。 

  

In my humble opinion, being impressed by music performance is one thing, but being inspired is another. I would be more than happy if I could ever play the blues that inspires the audience in my life time. That is what I strive for. The show must go on. 

私見ながら、音楽を聴いて感心をするのと、感動をするのとは、似て非なるものがある。生涯の内に、聴衆を感動させられるようなブルースを演奏出来れば、それは冥利に尽きるだろう。まだまだ、ショーはこれからも続く。

The good old school shuffle  古き良きシャッフル 

The attached video is one of my recent performances that took place in the Chicago suburbs. In retrospect, it was this kind of down home shuffle that got me deep into Chicago Blues. 

ここに添付した動画は、先日のシカゴ郊外でのライブから。昔を振り返ると僕は、この感じのダウンホームなシャッフルのグルーヴが気に入って、伝統的なシカゴブルースに深くハマって行ったのだった。 

  

It was my first time to play as this trio setting - EG McDaniel on bass and Chris Alexander on drums. Both players are highly regarded as blues veterans in the area. It was truly my privilege to play with them. 

今回このトリオで演奏するのは初めてだった。ベースの EG マクダニエル と ドラムのクリス・アレキサンダーはともに、この界隈では良く知られたブルース・ミュージシャンである。今回この二人と演奏できて光栄だ。 

  

This song was played with total spontaneity as an encore. But I felt the band sounded as if we had been playing together for a long time. As soon as I started the intro, the rhythm section came in with the exact groove I was looking for. 

この曲はアンコールとして、何の打ち合わせも無しに自然の成り行きで演ったものだ。しかしながらそこには、あたかも長い間ずっと一緒にやってきたような一体感があった。こちらがギターのイントロを弾き始めるとすぐに、リズム隊は全く期待通りのノリをかぶせてきたのだ。 

  

Performing as a small unit makes my own play stronger. From this point on, I will mostly play as either a trio or less setting, namely, solo or duo depending on the venues. 

少人数で演奏することは、自分のパフォーマンスが鍛えられる。これから当面は、演奏する場所によるが、主にトリオかあるいはそれより小さい編成、つまりソロあるいはデュオでやって行こう。

My soul searching 自分のソウルを求めて 

 

One of the most frequently asked questions is how I got into playing the blues. 

一番よく聞かれる質問の一つに、どうやってブルースを演るようになったかがある。 

  

It has been decades since I was bitten by the blues bug in the late 1970s. I grew up in Osaka and Kyoto where the blues boom was epicentered at that time in Japan. The wave faded in the 80’s, but the bug is still alive and well. 

若い頃にブルースにハマってから、既に数十年の時間が流れた。自分が生まれ育った大阪と学生時代を過ごした京都では、1970年代にブルースが大きな渦となっていたのだ。1980年代にはその波は去ったが、僕は70年代後半にそれをキャッチし、今もそのハマり方にはハンパが無い。 

  

To me, blues has been the music that makes me feel good. It takes good blues to cure the blues, though. 

自分にとってブルースとは、気分を良くさせてくれる音楽であった。憂鬱感を吹き飛ばすには、良質のブルースが必要だが。

  

Blues music ultimately brought me to Chicago, the home of Chicago Blues. What I want to do here is to play the blues at the highest level within my power. 

ブルース音楽が究極的に、自分をシカゴブルースを生んだシカゴに向かわせた。今この街でやりたいことは、自分にできる最高のブルースを演奏することだ。 

  

It is to satisfy my soul regardless of how big or small the audience. Besides, you never know who is watching me that might lead to future opportunities. 

それは、聴衆の大小に関わらず、自分のソウルを満足させることになる。それに、誰かが何処かで自分の演奏を聴いていて、それが次のチャンスに繋がるかもしれない。 

  

Will I ever become well known as a front man in public? Probably not. Not at least within the time frame that I can enjoy living in Chicago. But as they say, the impossible is often untried.

いつか一般大衆に、自分のバンドで広く知られるようになるだろうか?おそらく難しいだろう。少なくともシカゴに住んでいられる時間の枠内では。しかしよく言われるように、一見不可能に見える事は、実は誰にも試されて無いことが往々にしてある。