Tale of the Riviera リビエラ話

 

Last Fall I became a proud owner of a 1967 Epiphone Riviera (photo). This selection was crucial for me to complete my guitar sound. 

昨年秋に、もう製造されていないエピフォンの1967年製リビエラ(写真) を手に入れた。以来、それは自分のサウンドを固める貴重なギターとなった。 

  

Originally I intended to dig the late great Magic Sam tones that were captured in his masterpiece “Westside Soul” and “Black Magic” albums. In my opinion, it has a crunchy blues guitar tone that cannot be reproduced by any other modern guitars. 

元はと言うと、マジックサムが残した偉大なアルバム”ウェストサイド・ソウル“ や ”ブラック・マジック“ で聴ける、あの独特の硬質なトーンを追求したかった。私見ながら、昨今に作られたギターには無いブルージーな音が出る。 

  

It turned out that this guitar can be versatile for fine rhythm backings behind singing and good for strenuous “squeeze” play with full of deep bending notes as well. The late Mr. Otis Rush used to use one in the 1960’s as well. 

このギターは、歌のバックに回ったときの繊細なバッキングにも、深いベンディングを多用したいわゆる“スクィーズ”ギターソロにも良い。あのオーティス・ラッシュ氏も1960年代には使っていた。 

  

Its sound quality is comparable to the Gibson ES-335 that I have own since 1970s. These old ones somehow have naturally aged tones that fit my needs well. 

その音質は、僕が1970年代から使っているギブソンのES-335 にも匹敵する。こういった古いギターは、年季の入った自然なトーンが出る。 

  

In conjunction with my all time favorite guitar amp, Fender Twin Reverb, it will be my companion for a very long time from this point on. 

長年にわたり愛用してきた、フェンダー製ツィンリバーブ・アンプとの組み合わせは、これからもずっと欠かせない。

Leave a comment

Add comment