Solo performance in Chicago ソロ・パフォーマンス

 

This week I made a debut as a solo performer in the Chicago area. Over the past 5 years before I came to Chicago, most of my activities had been trio settings with bass and drums. 

今週シカゴ郊外で、ソロ・デビューした。この5年間、シカゴに来る前はほとんどがベースとドラムとのトリオで演奏してきた。 

  

Playing solo requires keeping the time on the guitar, filling the space, while singing all at the same time. Without a rhythm section, I am exposed naked to the audience because any misnotes or off beat can be heard. 

ソロで演奏するには、ギターでリズムをキープしながら空間を埋め、それと同時に歌を歌う必要がある。リズム・セクション無しでは、自分のミスがモロに聞こえてしまうため、丸裸と同じだ。 

  

The sound image of my solo performance may be reminiscent to some people of the music in Magic Sam’s solo album “Give Me Time”. Plus, I use a resonator to play slide guitar in open G or open D tuning. It is a mix of traditional Chicago Blues and early R&B as I usually perform with my own band. 

音の感じはマジック・サムのソロアルバム “ギブミー タイム” に近いものがあるかも知れない。加えてドブロギターで、オープン G か オープン D チューニングのスライドギターも弾く。伝統的なシカゴブルースと初期のR&B曲を混ぜ、普段自分のバンドで演る音楽と変わらない。 

  

Shortly I plan to add a hands-free harmonica to my solo performance. It is the beginning of diversifying my marketability. 

近いうちにハーモニカをソロ・パフォーマンスに加える予定だ。いよいよ自分の商品価値を多様化する方向に進み始めた。

Leave a comment

Add comment