Singing the Blues ブルースを歌う

From the point of view of playing music, what was most beneficial for me after living in the US for decades? It is undoubtedly that I have become bold enough to SING the blues. Playing instruments can be learned anywhere. 

アメリカに長く住んで、音楽的に良かったことを一つ挙げるとすると、それはアメリカで聴衆に向かって、臆せずブルースを歌うようになったことに尽きる。楽器の演奏はどこに居ても上達できる。 

  

Blues is about the daily life. Playing instruments and singing can be synergetic in getting my emotion into songs. 

ブルースは生活を歌ったものであるから、楽器だけではなく歌と両方をこなしてこそ、その相乗効果でいっそう感情移入ができる。 

  

Blues was born in the US, and therefore, to me playing the blues in this country has been a challenge and also the most rewarding experience. 

ブルース音楽を生み出した国アメリカで通用するブルースをやることは、今もチャレンジでありかつ、やり甲斐のある経験だ。 

   

In particular, when the audience grooves to my play and starts dancing, I often feel that I am even spiritually connected to them. 

当地で、聴衆が自分の演るブルースにノッてきて、踊り始めたりするの見るとき、彼らとスピリチュアルに繋がったと感じるときさえある。 

  

Being accepted here as who I am as a blues player is most gratifying. 

当地で自分がブルース・プレーヤーとして受け入れられることほど、冥利に尽きる事は無い。

 

Leave a comment

    Add comment