Next year and beyond 来年とそれ以降

 

Earlier this year, I made a decision to move back from Chicago to the Bay Area in California. After nearly 3 years of my residency in Chicago, I reached the point that I accomplished most of what I could achieve in that period. 

この春に3年近く住んだシカゴを離れて、元来たカリフォルニア州はサンフランシスコ・ベイエリアに戻った。シカゴに居る間にその限られた時間の中で、やれることはほぼやってしまった。 

  

Perhaps I might have been able to continue working as a side man in Chicago, but it was about time for me to focus on leading my own band. With 200 gigs that I played around the city, my performance probably peaked during my tenure in Chicago. 

ひょっとすると、今後もシカゴでサイドマンとして仕事を続けられたかもしれない。しかし、自分のバンド活動に集中する時が来た。シカゴ滞在中に200件のライブをこなして、自分のパフォ-マンスはおそらくピークに達しただろう。 

  

Under the current pandemic situation, there would not be much opportunity to perform in public for the remainder of the year. At some point in next year, I hope that COVID-19 will be under control in society. My new recording and Japan tour will be due at that time. 

アメリカの現在のパンデミックの状況下では、今年の残りの間にライブ活動を行なうのは難しい。来年のある時点で、新型ウィルスが収束することを願っている。それから、新しいレコーディングと日本ツアーの企画をするつもりだ。 

  

As an independednt blues musician, I can be selective in what gigs I want to do. Namely, playing the music I want to play in the way and where I want to play. If that is not an ultimate goal in my music career, I do not know what is. 

独立したブルース・ミュージシャンとして、やりたい仕事を自分で選べる。即ち、演りたい音楽をやりたいように好きなところで演ることが、究極のゴールで無かったら一体何がそうだろう。

Leave a comment

Add comment