Next phase in life 次にやることは?

 

Since the reopening of business in California last Summer, fortunately I have had performance of my own twice a week on average. I realized that adding more would leave me no time to do anything else. 

昨年夏にカリフォルニア州のビジネスが再オープンして以来、平均して週に2回のペースでライブを行なってきた。自分のバンドのライブの本数をこれ以上増やすと、もうそれ以外のことは何も出来なくなりそうだ。 

 

From 2017 for nearly 3 years I was living in Chicago, the blues capital of the world. Playing around the blues clubs there was my dream come true. Anything beyond that has been a bonus to me. 

僕は2017年からほぼ3年シカゴに住んだ間に、その街のブルース・クラブで多くのライブをこなした。シカゴはブルース音楽では世界の首都だから、長年の夢が叶ったのだ。 それ以降の活動はすべて、自分にとってはボーナスだ。

 

The music I dig most is the late greats Otis Rush / Magic Sam styles of electrified guitar blues. For decades, I had been trying to emulate them. Based on that foundation, I have been able to build my own form of playing the blues. 

僕が最も傾倒する音楽は、あの偉大なオーティス・ラッシュやマジック・サムのスタイルのエレクトリック・ギター・ブルースである。数十年にわたり彼らに影響を受けてきたが、その土台に立った上で、自分の形でブルースを演奏するようになった。 

 

However, it is becoming more and more clear in my mind that there is not much of a market for such traditional blues nowadays. Even in Chicago, the good old school Chicago Blues sound that I dug so deep is rare, if not extinct. 

しかしながら、そういう伝統的なブルースの市場はもはや、何処に行ってもあまり無いことが、このごろますます自分の中で明らかになってきた。これまで愛聴してきた古き良き時代のシカゴ・ブルースサウンドは、今やシカゴですら稀だ。まだ消滅には至っていないものの。 

 

Looking ahead, remaining on my to do list are to record a new album and hopefully reactivate my annual Japan tour. 

今後の見通しだが、まだやり残したことといえば次のアルバムの録音と、毎年行なってきた日本ツアーを再開することぐらいか。 

 

After that, I will be likely in a transition to the next phase in life whatever that might be. Perhaps with gradually reduced frequency or mostly in closer locations to perform in public.

その先は、まだ具体的には何も決めていないが、おそらく人生の中で次のフェイズに移行することになるだろう。ひょっとすると徐徐に人前で演奏する頻度を減らすか、あるいはその多くを近所に限るかも知れない。

 

Because I have achieved most everything I wanted to and could achieve thus far since I came to this country 35 years ago. 

それは僕が35年前にアメリカに来てこの国で、これまでにやりたかったことはやれる範囲でほぼ全てやり尽くした感が有るからだ。

 

Leave a comment

Add comment