Networking (2 of 2) ネットワーキング(その2)

(continued) 

One of the great things about Chicago is that many of the musicians and venues are open to new players who seek exposure. But whether it could lead to a job is another story. I would have to be in the right place at the right time. 

(続き)  シカゴの良いところの一つは、多くのミュージシャンやナイトクラブが、露出を求める新参者に対してオープンで、飛び入りで演奏をさせてくれる。が、それが簡単に仕事に繋がるわけではない。店やバンドが求めている、そのタイミングにハマる幸運が必要だ。 

  

It is a very competitive market for blues musicians in town, but without trying opportunities will never knock on my door. 

この街のブルース・ミュージシャンは、誰しも仕事を探している。しかし、競争が激しいからといって努力することを諦めたのでは、チャンスは巡って来ない。 

  

When I go out to blues clubs, I usually stop by several places to make best use of my time. There is no lack of places to go to in Chicago. Great music is happening nightly in this town. 

僕はブルース・クラブに出かける時は、一晩に数ヶ所立ち寄る。時間を有効に使うためだ。シカゴでは、毎晩良いライブ音楽を聴く店には事欠かない。 

  

This past year I enjoyed playing blues to my heart’s content in Chicago. My ultimate goal is to establish my own name here, but it is a long long way to go. I have set my milestone check point in next year. I will see what 2019 will bring. 

この1年は、シカゴでブルースを演奏することを堪能した。自分の究極の目標は、自身の名前と顔を広く知られることにある。今年のある時点で、その長い道のりのどの辺りに居るのかをチェックするつもりだ。2019年は飛躍の年となるかどうか。

Leave a comment

    Add comment