My Upcoming Japan Tour (2) 4月の日本ツアー (その2)

 

Before I knew it, my annual Japan tour is coming up soon in the second half of April. I am hoping for the best that we can complete the tour without a hitch. 

気が付いたら毎年恒例の日本ツアーが、すぐそこに近付いていた。滞りなく4月後半の全日程を終えられることを願っている。 

  

This tour with 8 shows in 4 cities - Osaka, Kyoto, Nagoya, and Tokyo - will be my effort to integrate what I have done playing the blues over the past few decades. After this tour I will move back from Chicago to San Francisco South Bay, where I came from, and continue playing the blues. 

大阪、京都、名古屋、東京の4都市、計8ライブはこれまで数十年にわたり、ブルースを演ってきた自分の総まとめにする。このツアーの後に、シカゴから元来たサンフランシスコ南ベイエリアに戻ってまたブルースを演り続ける。 

  

Last year I started playing a left handed guitar upside down, namely the strings are in the reverse order (I am right handed). This is the style that was played by the left handed blues guitar greats such as Otis Rush and Albert King. 

去年、僕は左利きギターを逆さにひっくり返して弾き始めた(僕は右利きだ)。これはあの偉大な左利きブルースギター、オーティス・ラッシュやアルバート・キングのスタイルだ。 

  

Because the lighter gauge strings are closer to the chest, it has more room to bend the higher notes by pulling the strings down. It creates deep bluesy sound. 

高い弦が上に(胸に近く)来ているので、それを簡単に引っ張り下げることが出来る。そうすることでディープなブルース・フィーリングが出る。 

  

It is easier said than done to play this style. I have more fluency now as compared to when I adopted this method. But as they say, the more you know, the more you know what you don’t know. 

この演奏法は言うよりも行うが難し。が、僕は遂に自分の演奏法の一つに取り入れた。今ではより上達したが、これは入り込めば入り込むほど奥が深い。 

  

I will bring my lefty guitar to Japan in my humble tribute to the late greatest Mr. Otis Rush who recently passed away. 

今回、日本には左利きギターを持って行く。自分の音楽に多大な影響を与えてくれたあの偉大なる故オーティス・ラッシュ氏に、ささやかながら自分なりに敬意を表するために。

 

Leave a comment

Add comment