Mr. J.W. Williams, the Chicago Blues Hall of Fame inductee JW ウィリアムス氏が殿堂入り

 

Today J.W. Williams, the former bass player for Buddy Guy and Junior Wells, was inducted to the Chicago Blues Hall of Fame in the “Legends” category.  It is the highest honor among the inductees.   

今日、JW ウィリアムス氏 (元バディ・ガイやジュニア・ウェルズのベーシスト) がシカゴブルース殿堂入りをした。最も権威のある“レジェンド”のカテゴリーで。 

  

It also includes the late greats Eddie Taylor Sr., Louis Myers, Fred Below Jr., Oddie Payne Sr. I grew up listening to the music of these big names while I was in Japan decades ago. 

そのカテゴリーには、他にも故エディー・テイラーSr、ルイス・マイヤーズ、フレッド・ビロウ、オディー・ペイン氏らの有名人が含まれた。僕が昔、日本でブルースに深くハマり始めた頃に、聞き馴染んだ名前ばかりだ。 

  

In the picture, J.W. is making his acceptance speech during the award ceremony at Buddy Guy’s Legends in Chicago. Standing aside is his wife Janet. 

写真は、JW氏の受賞スピーチのシーン。横に立つのは奥さんのジャネットさん。 

  

It is my supreme honor to be currently in JW Williams’ band called the Chi-Town Hustlers as his guitar player. It is an once in lifetime opportunity for me. 

JW氏のブルースバンド、チャイタウン・ハスラーズに、僕が今リード・ギタリストとして所属していることは、自分にとってこの上ない栄誉であり、一生に一度の機会だ。 

  

Congratulations Mr. J.W.!! 

おめでとうございます、JWさん!

Leave a comment

    Add comment