Leading my band 自分のバンドを率いるということ

 

Three months have passed since the reopening of California State in June this year. I am now actively performing at a rate of 100 shows a year with my band plus including some of my solo shows “unplugged”. 

今年6月にカリフォルニア州が再オープンして3か月になる。今では自己名義で年間100本のペースでライブをやっているが、それにはベースとドラムとのトリオに加えて、ソロでのパフォーマンスも含まれる。 

 

As an independent musician I do all the booking by myself. Therefore, I can choose only the gigs that I want to do. In between playing music, I play golf to maintain good health. This is the life style I dreamed of many years ago. 

独立したミュージシャンとして、ブッキングは全て自分でやっているから、自分のやりたい仕事だけを選ぶことが出来る。その合間にゴルフをやって健康を維持するという、長年夢に見た生活を今まさに送っている。 

 

Leading my own band is like owning a small business. I spend more time on maintaining and promoting the band while staying on top of my game as a musician. Herding strong individuals takes good interpersonal skills and patience. 

自分のバンドで音楽活動をするということは、言わば小規模の事業を経営するようなものだ。自分自身の演奏力を高いレベルに保ちながらも、バンドの維持と宣伝により多くの時間を割(さ)いている。アクの強いミュージシャン達をまとめていくには、かなりの人間力と忍耐が必要だ。 

 

Probably these are the reasons why many musicians would rather focus on only playing music as a supporting musician rather than a band leader. 

だからこそ、おそらく多くのミュージシャンはバンドのリーダーになるよりも、音楽だけに集中できるサポート・ミュージシャンの道を選ぶのだろう。 

 

Owing small business is often compared to a "dog-sled". Unless you are the lead dog, the view never changes. With the resurgence of the COVID variant, uncertainty still lies ahead. I might as well enjoy the changing views while I have the opportunities to do so. 

小規模のビジネスを仕切ることは、”犬ゾリ” にたとえられることがある。つまり、先頭の犬でなければ景色の変化が見えないのだ。コロナ・ウィルスの変異種が再びはびこる昨今、先の見通しはまだまだ不確かだ。が、移り変わる景色は楽しめる間に楽しんでおこう。

Leave a comment

Add comment