Good Old Westside Chicago Blues

In my younger days, my blues guitar influence top 5 were: Otis Rush being the most influence, followed by Magic Sam and Buddy Guy for so called Chicago Westside's “squeeze guitar” style, and Eddie Taylor, Robert Lockwood Jr. for the down home Chicago Blues style. 

昔、ブルース・ギターにハマリ始めた頃、最も影響を受けたプレーヤーのトップ5をあげる。いわゆる“スクィーズ・ギター”系ではオーティス・ラッシュがダントツで、マジック・サム、バディ・ガイ。ダウンホームなシカゴブルース系では、エディー・テイラーとロバート・ロックウッドJr  の5人だ。 

  

The ES-335 in the pic I bought in the late 70’s back in Japan has been indispensable to play the traditional Chicago Blues. It has a naturally gritty tone that the recent models do not have. 

1970年代末から使っているES-335  (写真) は、伝統的なシカゴブルースを演るには欠かせない。最近のモデルも持っているが、古い方がよりそれらしい自然なトーンが出る。 

  

When I used a few other guitars some years ago, they widened my guitar sound. However, playing the late greatest Otis Rush’s songs a lot lately reminded me what strikes my heart strings most. I am set to continue pursuing the Westside Chicago Blues sound from the 60s. 

この何年かの内に、他の種類のギターを幾つか使うことで音の幅が広がった。しかし先日来、故オーティス・ラッシュ氏の曲をしばしば演奏していると、自分の心の琴線に触れる音は何かを思い出させてくれる。やはり(最初からそうであったように)、1960年代のウェストサイド・シカゴブルースを、これからもやっていくつもりだ。 

 

I hope my recent addition of Riviera (see the previous entry) will deepen the sound that I have been pursuing since my school days. 

最近手に入れたリビエラと合わせて、自分が学生の頃から追い続けて来たブルース・ギターの音をさらに深めよう。

Leave a comment

    Add comment