Fork in the road of life  人生の分岐点 

I left my day job in a corporate environment 7 years ago. I have been playing music full time since. Although it was financially a risky move, it turned out to be one of the happiest decisions I made in my life. In a way it was like trading my bread & butter for total freedom. 

僕は7年前に会社勤めを辞め、以来フルタイムで音楽活動をしている。経済的には危険な賭けであったが、それは人生で最もハッピーな決断の一つとなった。ある意味では、一定の収入と引き換えに、全くの自由を手に入れたのだ。 

 

A common question I often receive is how I made my career change from a technologist to a musician. The underlying implication of this question is that it was insane. But in my mind, it was the other way around. 

よく聞かれるのは、どうやって技術職から音楽家に転向したのかだ。その質問の根底にあるのは、それは正気の沙汰では無いということだろう。しかし、自分にとってはそれはむしろ逆であった。 

 

I had been in an R&D field for over 20 years where I had to be innovative to survive. That is to keep finding new paths where there are no known solutions as to what to do. It takes conviction in my own ideas and, to some degree, rebellion against existing authorities. When breakthrough moments come, the sense of reward is enormous. It is like walking a long dark road all by myself and often getting lost till I find a dim light far away. To me music helped to keep my sanity. 

僕はそれまで20年以上にわたり、研究開発職に携わった。そこで生き残るのには、イノべーティブでいなければならない。つまり、何も答の無いところに新しい道を見出し続けるのだ。それには、自分のアイデアに確信を持つこと、それとある程度は、既存の権威に反抗することが求められる。ブレークスルーの瞬間が来た時の満足感は、半端が無い。それはあたかも暗い長い夜道を一人で歩き、しばしば道に迷いながらも、ようやく彼方に薄明かりを見届けるのに似ている。自分にとっては、音楽をやることで正気を保てた。 

 

Another big gamble I took was to move to Chicago in 2017. Playing around the blues clubs in Chicago was my dream come true. Despite that I practically had no connections in the area beforehand, I was very fortunte to have over 200 gigs in my 3 year residency there. My performance peaked before I moved back to California last year. 

もう一つの大きな賭けは、2017年にシカゴに引っ越したことだ。本場シカゴのブルース・クラブで演奏することで、まさに夢が叶った。その土地には、行く前には何のコネクションも無かったが、3年そこに住んだ間に200本以上のライブをこなせたことは非常に幸運だった。去年カリフォルニアに戻る前に、自分のパフォ-マンスはピークに達した。 

 

I felt that I could continue pursuing my music career and satisfy my soul regardless of where I would live. At the moment I am waiting for the pandemic to be under control, when we can all get our collective groove back. I am stooping low right now so that I can jump high. 

僕は、何処に住んで居ようが、音楽を続けて自分の魂を満足させることが出来るだろうと感じた。現時点ではパンデミックが収束して、皆が総体的にグルーヴを取り戻せるのを待っている。今は、高くジャンプする前に、まず低く屈(かが)んでいるところだ。

Leave a comment

Add comment