FAQ よく聞かれる質問

 

One of the most frequently asked questions is how I got into blues music while I was born and raised in Japan. 

アメリカで僕がよく聞かれる質問の一つは、日本人なのにどうしてブルース音楽にハマったのかだ。 

 

In the 1970s, there was a big blues boom that took place in Japan. Many big name players came from Chicago during those days. 

1970年代に日本では、ブルースのブームが起こり、シカゴから多くの有名プレーヤーが日本にツアーに来た。 

 

Perhaps it was the aftermath of its popularity in Europe in the 1960s when famous British Rock Bands, such as Cream, Led Zeppelin, Rolling Stones, Fleetwood Mac, etc. covered the Chicago Blues songs. 

おそらくあれは、1960年代にヨーロッパでシカゴ・ブルースの人気が高まった余波だったのかもしれない。当時は、クリーム、レッド・ツェッペリン、ローリング・ストーンズ、フリート・ウッドマックらブリティッシュ・ロックの精鋭が、シカゴブルースの曲をカバーしていた。 

 

By the mid 1980s, however, when Disco music was dominant in the music world, the blues wave in Japan had faded away and never came back. I was lucky enough to catch the tail end of it. 

しかしながら、1980年代半ばにはディスコ音楽が業界で主流となり、日本のブルースの波はやがて消え去り、二度と戻ることは無かった。僕はそれが消えるギリギリ直前に、かろうじてその波を体感したのだ。 

 

It was in my teenager days when I was bitten by the blues bug as I was growing up in Japan, and I still have it after over 4 decades. 

そんなわけで、僕が日本でブルースにかぶれたのは、まだ10代のときだった。以来40年以上経っても、それにうなされている。 

 

From 2017 to 2020, I paid my utmost respect to the Chicago Blues by moving to Chicago and living there for 3 years. Now I am back in the San Francisco South Bay and regaining my groove. 

僕は2017年にシカゴに引っ越し、2020年までそこに3年間住むことで、シカゴブルースに最大の敬意を表した。今はサンフランシスコ南ベイエリアに戻り、自分のグルーヴを取り戻しているところだ。 

 

Humbly speaking, I consider playing the blues a calling from above to satisfy my soul. 

謙虚な気持ちで言うと、僕にとってブルースをプレーすることは、自分のソウルを満たすための天のお告げのようなモノなのだ。

Leave a comment

Add comment