Back in California カリフォルニア州に戻る

 

Last week I drove 2400 miles from Chicago and moved back to SF Bay Area, California. I made it home safely before the nationwide protests erupted in chaos. 

先週、3年近く住み慣れたシカゴから2400マイル (約3800km) を運転して、カリフォルニア州はサンフランシスコ・ベイエリアに戻った。全米の多くの都市部でプロテストの混乱が起こる前に、無事に家に着いて良かった。 

  

I drove Hwy 55 to St Louis, Hwy 44 to Oklahoma, then Hwy 40 all the way to the West Coast. Every time I drive across the continent, I am amazed by how big this country really is. 

イリノイ州から南回りのハイウェイ55でセント・ルイスに出て、ハイウェイ44でオクラホマへ、そしてハイウェイ40からずっとそのまま西海岸まで。米大陸を縦断するたびに、いかにこの国がデカいか思い知らされる。 

  

As I was finally crossing the California State border from Arizona, the inspector asked me some routine questions. 

ようやくアリゾナ州からカリフォルニア州境を越えるとき、検問所で質問された。 

  

Officer: “Where did you come from?” 

検問官:“どこから来ました?” 

  

Me: “From Chicago” 

僕: “シカゴからです。” 

  

Officer: “Did you bring any food, plants, or agricultural products?” 

検問官:”食べ物、植物、農産物は持ち込みましたか?” 

  

Me: “No, none of those” 

僕:“いえ、ありません。” 

  

Then the officer goes, “How about blues? Did you bring the blues from Chicago?” 

すると検問官が言うには、“シカゴからブルースを運んで来たかね?” 

  

Me: “Yes, sir. I sure did.” 

僕: “はい、それはもちろん。” 

  

He smiled and let me pass the gate saying “Have a good day”. 

すると検問官は、ニコッと笑いながら “ハブ・ア・グッドデイ”と言ってゲートを通してくれたのだ。 

  

After all, one can take a boy out of California, but never take California out of a boy. It is great to be back home. 

何と言っても、カリフォルニアから僕を引っこ抜けても、僕の中から長年住んだカリフォルニアを引っこ抜くのは無理な話だろう。長旅を終えて、家に戻りホッとしている。

 

Leave a comment

Add comment