About professional musicianship  プロフェッショナルなミュージシャン・シップについて 

 

My blues band started performing weekly at a blues club in Milpitas CA last summer when the state reopened for business. It is great to have regular gigs because I do not have to spend my energy on booking gigs. I am very grateful for the support from the venue. 

昨年夏にカリフォルニア州のビジネスが再オープンして以来、毎週サウスベイエリアのブルースバーで僕のバンドはライブを行って来た。レギュラーのハウスバンドの仕事は、ブッキングに時間を取られないから楽だ。その店のサポートには心から感謝している。 

 

After several evolutions in my band members since then, I have recently landed on the configuration that I feel most comfortable with in terms of the style of music I want to play. That is the traditional blues and early Rhythm & Blues. 

以来数回のメンバー・チェンジを経て、最近ようやく自分のスタイルの音楽を気持ち良く演れるメンバーに落ち着いた。伝統的なブルースと初期のR&Bだ。

 

When I choose musicians to work with, my criteria are simple. If the technical skills are met, the next critical consideration is whether the musician desires to work with me. No ego issues. Not to mention, punctuality and preparation for work are two fundamentals. 

バンドのプレーヤーを選ぶとき、僕の選択基準はシンプルだ。技術レベルが見合えば、次に重要なのは、その人が本当にこちらと仕事をしたいと願っているかどうかだ。強い利己心は論外。集合時間に正確なことと、家で準備を充分して来るという2点は、言うまでもなく基本中の基本だ。 

 

I recently had an opportunity to invite someone as a guest player whom I consider one of the top musicians in the area. In response to my thank you note for the performance after the show, this is the exact quote of this person: 

つい先日、僕がこのベイエリアでトッププレーヤーの一人であろうと目を付けていた方を、バンドの特別ゲストに招いてライブをやる機会を得た。そのショーの翌朝、僕が送ったサンキュー・メールに返って来たのがこれだ: 

 

“Yes, it was great fun. I’m good with whatever you choose to do and thank you for having me.” That night we had the most crowd and the quality of the show was one of the best I have ever had. 

“昨夜は本当に楽しかった。ステージではあなたの好きな様にショーを運んで貰って私は全く構わない。一緒に演らせて頂きどうもありがとう“と。その夜は、お客さんは大入りでショーの質は最高のレベルだった。 

 

What great musicianship and professionalism! It felt like a cool breeze to me in hot Summer. This person knew well that I was the owner of the show and my reputation, if any, would be on the line if something would have gone wrong. 

何と素晴らしいミュージシャン・シップとプロ意識なのだろう!僕はそれを読んだとき、まるで真夏の暑い日に、涼風が吹き抜けたかの様な爽やかさを感じた。このプレーヤーは、バンドのリーダーの立場を熟知している。もしライブの質が悪いと、僕には次の仕事が回って来なくなるのだ。 

 

This gave me some hope for me to continue playing the blues in public. 

このことがあって、僕は自分のバンドで今後もブルース・ライブを続けて行く希望がまた湧いて来た。

Leave a comment

Add comment