カリフォルニア州でのマス・シューティング

 

先週は、平和なサンクスギビングの週末を過ごしたが、テロによる不穏な空気が、対岸の火事と思えないところまで来ていることを、このブログに書いたばかりだ。

 

そのまさに数日後に、ここから500kmほど離れたカリフォルニア州サン・バーナディノで、銃乱射により14人の市民が射殺され、多くの負傷者が出た。年末のこのホリデー・シーズンには、特に痛ましい事件だ。

 

報道によると、過激テロ事件として捜査が進んでいるらしい。

日本のような銃規制が無いアメリカで、ランダムに起こるこのような殺戮から身を守る方法はあるのか。ここへ来て、そんな心配をすることになるとは。

 

Leave a comment

    Add comment