Back in California (3 of 3)  カリフォルニア州に戻って(その3)

 

The other day I had an opportunity to take a COVID-19 test as a part of preventive measures for my regular check-ups. Fortunately the results came in negative. 

先日、定期健康診断の前段階として新型ウィルスのテストを受ける機会が有った。幸い、結果はネガティブ(陰性)だった。 

  

This pandemic has damaged the livelihood of many musicians, in particular, those who make a living on live performances. On top of 6 months of lost opportunities such as bar gigs, tours, or concerts, there still is no end point of the disaster in sight. 

このパンデミックは多くのミュージシャン、特にライブ・パフォーマンスを糧とするミュージシャンの生活にダメージを与えた。ライブハウス、ツアー、あるいはコンサートなどこの6ヶ月間にわたり演奏の機会が失われた上に、未だに感染収束の気配が見えない。 

  

Since 2013 I had been touring to Japan once or twice a year, but I had to cancel my tour this Spring for the first time in 7 years, due to the travel regulations in Japan for visitors from the U.S. 

僕は2013年以来、日本ツアーを毎年一度か二度行なって来た。しかし今年の春のツアーは、アメリカからの日本入国規制のため、この7年間で初めてキャンセルせざるを得なかった。 

  

Beyond this Spring, I stopped taking flights in fear of virus infection. At this rate, I would not feel comfortable flying for many hours until valid vaccines become easily available in public. 

この春以降は、感染のリスクを避けるため飛行機に乗るのを止めた。この調子では、有効なワクチンが世間に普及するまでは、長時間の渡航は不安だ。 

  

In the mean time, I am making efforts to maintain my good health. I need to be ready when the next opportunity comes up to play the blues, hopefully in the near future. 

一方その間、健康を維持する努力は続けている。近い将来にブルースを演奏できる機会がまた来た時に、準備が整っていなければならないからだ。

  

As the saying goes, you have to stoop before you jump high. But I can squat only for so long. 

高くジャンプする前には、一旦低く構えなけれないけないという言い回しがある。しかし、ずっとしゃがんで居られるのにも限りが有るというものだ。

 

Leave a comment

Add comment