Playing the Blues in Chicago シカゴでブルースを演ること

 

The purpose of my life in Chicago is one thing only – to play the Blues. I keep networking with the local musicians hoping that they will continue to support me in my own band activities. 

シカゴで生活する目的は一つ、それはブルースを演ることにある。当地のミュージシャンとのコネ作りに今も力を入れているのは、自分のバンド活動に彼等のサポートが必要だからだ。 

  

Many blues jams happening in town are great to meet the local musicians. In addition, they provide a stage to experiment. I have recently started attending blues jams to play drums and soon I will bring my bass guitar to jam sessions as well. 

市街地で行われているブルース・ジャムセッションは、現地のミュージシャンと知り合いになる良い機会だ。さらに、何か新しいことをステージでやってみる絶好のチャンスでもある。先日来、僕はブルース・ジャムでドラムを叩き始めたし、そのうちベースギターも弾くつもりだ。 

  

Another means for me to connect with the local blues scene was to sit in with the featured bands at primary blues clubs where musicians also hang out. Indeed that was how I landed my current regular gigs. I was very lucky to be at the right place at the right time. 

コネクションを広げるもう一つの手段は、ミュージシャンがよく出入りする主要ブルース・クラブに出演しているバンドに、飛び入りで演奏させて貰うことだった。実際そうして、今レギュラーでやっているライブの仕事が見つかった。たまたま運良くそこに居合わせただけだ。 

  

Nowadays highly skilled blues musicians outnumber the venues in Chicago that book blues bands. Therefore, the competition for survival becomes fierce. 

昨今ではシカゴの腕利きのミュージシャンの数は、演奏出来る場所の数よりも多いから、生き残り競争が当然激しくなる。 

  

It takes mental toughness to be a musician in this city. Bar gigs often require living a night life. As someone said, when you have to make a living, it is no fun to play music. I am playing the blues for living, and yet having fun for the love of it. That is a bonus. 

この街で音楽でメシを食って行くのには、強い精神力が要る。ナイトクラブの仕事の多くは、夜型の生活を強いられる。生きるために音楽をやるのは、もはや楽しくないと誰かが言っていた。僕は生活の糧としてブルースを演っているが、同時にそれを楽しんでいるから、それはボーナス以外の何物でも無い。

Leave a comment

    Add comment