My soul searching 自分のソウルを求めて

 

One of the most frequently asked questions is how I got into playing the blues. 

一番よく聞かれる質問の一つに、どうやってブルースを演るようになったかがある。 

  

It has been decades since I was bitten by the blues bug in the late 1970s. I grew up in Osaka and Kyoto where the blues boom was epicentered at that time in Japan. The wave faded in the 80’s, but the bug is still alive and well. 

若い頃にブルースにハマってから、既に数十年の時間が流れた。自分が生まれ育った大阪と学生時代を過ごした京都では、1970年代にブルースが大きな渦となっていたのだ。1980年代にはその波は去ったが、僕は70年代後半にそれをキャッチし、今もそのハマり方にはハンパが無い。 

  

To me, blues has been the music that makes me feel good. It takes good blues to cure the blues, though. 

自分にとってブルースとは、気分を良くさせてくれる音楽であった。憂鬱感を吹き飛ばすには、良質のブルースが必要だが。

  

Blues music ultimately brought me to Chicago, the home of Chicago Blues. What I want to do here is to play the blues at the highest level within my power. 

ブルース音楽が究極的に、自分をシカゴブルースを生んだシカゴに向かわせた。今この街でやりたいことは、自分にできる最高のブルースを演奏することだ。 

  

It is to satisfy my soul regardless of how big or small the audience. Besides, you never know who is watching me that might lead to future opportunities. 

それは、聴衆の大小に関わらず、自分のソウルを満足させることになる。それに、誰かが何処かで自分の演奏を聴いていて、それが次のチャンスに繋がるかもしれない。 

  

Will I ever become well known as a front man in public? Probably not. Not at least within the time frame that I can enjoy living in Chicago. But as they say, the impossible is often untried, after all. 

いつか一般大衆に、自分のバンドで広く知られるようになるだろうか?おそらく難しいだろう。少なくともシカゴに住んでいられる時間の枠内では。しかしよく言われるように、一見不可能に見える事は、実は誰にも試されて無いことが往々にしてある。

Leave a comment

    Add comment