My next Japan tour in 2020 2020年春の日本ツアー

 

It has been 6 years since I started touring Japan annually. It is always my pleasure to bring my orthodox style of blues guitar to the blues fans in my home country. 

日本に毎年ツアーに行き始めて6年になる。自分のオーソドックスなブルースギターを日本のブルースファンに聴いて頂けるのは嬉しいことだ。 

  

The music I dig most is so called Westside Chicago Blues developed in the 1960s by those guitar greats like Otis Rush, Magic Sam, and Buddy Guy. 

僕が傾倒する音楽は、かつて“ウェストサイド・シカゴブルース”と言われ、1960年代にオーティス・ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイら偉大なギタリストにより発展した。 

  

Lately I have been playing my lefty guitar upside down along with one Otis Rush album per day. It is about 1 hour of intense practice with no interruptions every single day. 

近頃、僕は左利きギターを逆さにして (つまり弦逆張りで) 、毎日オーティス・ラッシュのCDを1枚通して、それに合わせて弾いている。何にも邪魔されない約1時間の集中した練習だ。 

  

The benefit of playing the guitar with strings upside down is to be able to bend higher notes deeper by pulling down the strings instead of pushing them up which is most common. 

弦を逆に張る利点は、高音弦を指で強く引っ張り下げることで、より深く音を曲げることができる。ベンディングは弦を指で押し上げるのが普通だ。 

  

I am beginning to better understand that the keys to generate deep bluesy feeling in this method are: 

1. take time to play each note assertively 

2. maximize deep bendings & vibratos. 

3. aggressive closure 

  

この弾き方で深いブルージーな音を出すには、次のことを念頭に置いている: 

1. 一音一音をゆっくりと強く明確に弾く。 

2. ベンディングとビブラートを最大限に使う。 

3. 激しく畳み掛ける。 

  

This tour will be my humble tribute to the late greatest Mr. Otis Rush who passed away last year. His music got me into the blues in my younger days and still continues to inspire me to this day. 

  

来年春の日本ツアーはささやかながら自分なりに、昨年亡くなったあのシカゴブルースの巨人、オーティス・ラッシュ氏に捧げたい。彼の音楽で僕は若い頃にブルースにハマり、今も刺激を受け続けている。

Leave a comment

Add comment