My journey continues 旅は続く

 

By the end of this Spring I will have performed 10 times with my own band in the Chicago suburbs, and well over 100 times with the legendary JW Williams Band at Chicago’s premier night clubs. 

この春で、シカゴ郊外で自分のバンドでライブを10回、JWウィリアムス氏のバンドで優に100回以上、シカゴ市内の有名クラブで演奏したことになる。 

  

I consider these numbers respectful after living in Chicago for only a year and a half. Moving to Chicago was definitely the right call. 

シカゴに来てからまだ1年半そこそこなので、この数字は悪く無い。この街に来たのは正解であった。 

  

Playing constantly in public makes my performance strong. As the Japanese saying goes, it takes one hundred battles to become an expert warrior. 

人前で常に演奏していると自分のパフォーマンスが強くなる。百戦錬磨とはよく言ったものだ。 

  

In retrospect of my life, immigrating to the U.S. from Japan a few decades ago was a bold move, and the most critical I have made. 

振り返ってみると、数十年前に日本からアメリカに移住したのは、自分にとって大胆かつ人生で最も重要な決断だった。 

  

Because there was no guarantee to be able to survive in this country at that time. I was merely a dreamer, probably overly self confident and ambitious. 

なぜならその時、この国で生き残れる保証など何も無かったからだ。単に夢にうなされていたのか。過剰な自信と野心があるだけだった。 

  

Now I am pursuing my dream of playing the blues in Chicago, the home of Chicago Blues. 

今では、ブルースの本場のこのシカゴでブルースを演るという夢を追い続けている。 

  

In my humble opinion, if I had saved a safe return route, I would not have come this far. My journey still continues. 

これまで、もし元に戻れる安全な道を確保しながらであれば、ここまで来ることはまず無かっただろう。旅はこれからも続く。

Leave a comment

    Add comment