My Goals in Chicago

From 2013 to 2017 in San Jose, California, I was working weekly at a blues club named Blue Note Lounge for over 3 years and at a restaurant called Louisiana Bistro regularly for a year. 

僕はカリフォルニア州サンホゼ市で2013年から2017年にかけて、ブルーノート・ラウンジというブルースクラブで3年以上にわたり毎週、そして、ルイジアナ・ビストロというレストランで1年間、毎月数回定期的に演奏していた。 

  

In these 4 years before I came to Chicago, I had done more than 200 gigs under my name as mostly trio (guitar, bass, drums) and some duo settings (guitar & harp, guitar & bass, or two guitars). I was the singer in these gigs playing guitar. The reason for having the smallest unit was to minimize the cost of hiring players in my band. 

シカゴに来る前のこの4年間に、自己名義で200本以上のライブを行ったが、そのほとんどがギター、ベース、ドラムのトリオ編成あるいは、ギター&ハーモニカ、ギター&ベース、あるいはギター2本のデュオだった。これは雇うメンバーを最小にする必要があったからでもある。 

  

This experience made my guitar play strong in terms of filling on the back of and in between my singing. A strong sense of timing is required to play and sing at the same time. For that I am grateful for the owners of these two venues in CA to nourish my performance over those years. 

この時の経験のおかげで、今の自分のギターのプレーが強くなった。最小編成でギターを弾きかつ歌うには、リズム感の強さが問われる。僕を育ててくれたこの2軒の店のオーナーには、今も非常に感謝をしている。 

  

Working in Chicago as a blues musician has been my dream come true. My mind has finally realized what my soul has always known. 

シカゴでブルース・ミュージシャンとして働くことは、夢であった。自分のマインドが、常に心が欲して来たことに追いついたのだ。 

  

What I am doing here is an attempt to integrate my previous experience all in one - be it my vocals, guitar, blues harp, plus band management, etc. My ultimate goal is to have my blues accepted by this city, the home of electric Chicago Blues. 

今、当地でやろうとしていることは、これまでの経験を一つに集積することにある。それは、ボーカル、ギター、ハーモニカ、それに自分のバンドの管理も含めてという意味で。究極的には、エレクトリック・シカゴブルースが栄えたこの街で、自分のブルースが認められることにある。 

 

Leave a comment

    Add comment