My 2nd year in Chicago シカゴで2年目

Since last Spring, I have been playing quite a few gigs every month in Chicago with the J.W. Williams Band, and with my own band as well. 

この春以来、JWウィリアムのバンドと自分自身のリーダーバンドを合わせて、毎月シカゴでかなりの数のライブを行なってきた。 

  

Playing in public constantly is the best way to polish my performance. I feel I am close to reaching a peak in my play in both guitar and singing. 

聴衆の前で常に演奏するのは、腕が磨かれる。ギターと歌の両方で、自分のパフォーマンスがピークに近づいているような気がする。 

  

Last Fall, I came to Chicago to pursue what I consider the traditional sound of Chicago Blues. Every now and then, however, I receive requests from the audience to play a more contemporary style of blues such as SRV, Santana, and the like. 

昨年秋に僕は、シカゴの伝統的なブルースサウンドを追求するためにシカゴに来た。しかし、時々ながら、聴衆からもっとコンテンポラリーなブルースのリクエストが来たりする。スティービー・レイ・ボーンやサンタナなどだ。 

  

Over the years, the sound of blues music has changed, and so has the taste of the audience. 

時代とともに、ブルースの音は変わったし、ブルース・ファンの好みも変わった。 

  

Before I got heavy into Chicago Blues in my youth, I was digging British Rock (Cream, Deep Purple, Led Zeppelin, ELP), American Rock (CCR, Grand Funk), and Southern Rock (Allman Bros., Lynyrd Skynyrd), etc. 

僕は昔はロック少年で、シカゴブルースに深くハマる前は、ブリティッシュ・ロック (クリーム、ディープ・パープル、レッド・ツェッペリン、ELP)、アメリカン・ロック (CCR、グランドファンク)、サザン・ロック(オールマン・ブラザーズ、レイナード・スキナード)等をよく聴いていた。 

  

However if I am ever requested to play Sweet Home Alabama on stage in Chicago, I might have a little bit of reservation despite knowing that it is a crowd pleaser. When in Chicago, do as the Chicagoans do, after all. 

しかしシカゴでライブ中に、お客さんからスィートホーム・アラバマのリクエストが来たりすると、その曲がウケるとわかっていても、少し躊躇するかもしれない。郷に入れば郷に従う、か。

 

Leave a comment

Add comment