Multiple instrumentation  複数の楽器を演奏すること

 

Lately I have been playing my bass guitar and drums at blues jams, making public appearance occasionally (photo below: courtesy of Ariyo at Rosa’s Lounge in Chicago). 

近頃、僕はベースとドラムでしばしば当地のブルース・ジャムセッションに出没している。(写真下はローザズ・ラウンジの木曜ジャムのハウスバンドのピアニスト、有吉氏の撮影による。) 

  

Playing multiple instruments helps me to know exactly the sound I want when I perform with my band. 

複数の楽器を演奏することは、自分のバンドとして出したい音を具体的に掴むのに非常に役立つ。 

  

It is my attempt to make a progress toward recording a traditional Chicago Blues album with all instruments played by myself - guitar, harp, bass, and drums. 

僕はいつか、伝統的なシカゴ・ブルースのアルバムを、ギター、ハーモニカ、ベース、ドラムを全て自分で演奏して録音しようと考えている。 

  

It is on my to-do list to clear one of those days. There are so many things to do, and yet, there is so little time. 

それは、自分で決めた課題の一つだが、実はやりたいことが多すぎて、いくら時間があっても足りないのが悩みではある。

 

(In the picture below I am playing the bass guitar on the furthest right. 写真下では右端でベースギターを弾いている。)

Leave a comment

    Add comment