Japan Tour from Chicago

When I do a short night club tour in Japan annually, I usually work with local support musicians over there from town to town. 

日本で毎年短いライブハウスツアーをやる時、サポートメンバーはいつも行く先々で現地のミュージシャンに助けて頂く。 

 

Both their technique and reputation are important, but I also consider their willingness to work with me. 

その際、技術力や知名度もさる事ながら、こちらと一緒に演奏することを本当にその人が望んでくれているかどうかも加味する。 

 

Because well known players are usually busy in their own schedule, I cannot always book them to help my gigs. In that case, I would choose players who love the blues and are motivated to play the blues. 

有名なプレーヤーは常に忙しいから、いつもこちらの都合に合わせて仕事を手伝って貰えるとは限らない。その場合は、ブルースが好きでやる気のある人を選ぶ。 

 

As I fly all the way from the US to Japan, I always hope to deliver my best performance there. Therefore, the brief rehearsals I have with the local musicians on the day of the show are most critical to tighten our performance. 

こちらは、アメリカから遠路日本に行くので、ベストのパフォーマンスをしようと、常に心がけている。だからこそ、ライブ当日のリハーサルが重要になる。 

 

However, if we overkill the rehearsal, we lose the fun of playing on stage. We typically end up only confirming the structures of the songs and leave the rest to our spontaneity at the show. (continue) 

かと言って、リハーサルを詰め過ぎると、本番で曲に新鮮味が無くなってしまうから、難しい。たいていは曲の構成だけ決めて、後は成り行きに任せることになる。

 

In the past few years, I have had the pleasure of playing with an accomplished jazz guitarist Hiroshi Hata in Osaka who also loves blues and soul music. 

そんな中でも、ジャズギタリストの畑ひろしさんとは、この数年の間に何度か一緒に仕事をさせて頂く機会があった。畑さんはシカゴブルースやソウルにも造詣が深い。 

 

In my very humble opinion, the jazz players who dig the traditional blues and soul music tend to touch my heart strings more than those who do not.  

私見では、昔のブルースやソウル音楽を聴き込んでいるジャズミュージシャンのプレーは、より心の琴線に触れることが多い。  

 

In Japan, there may still be many long time die hard Chicago Blues fans who meticulously have high expectation as to what the traditional blues sound should be. This keeps me on my toes in a different sense from when I perform in the US.  

それと日本では、"ブルース音楽とはかくありき" という往年のファンが今も多いかもしれない。その意味で、日本ツアーは普段こちらでやっているライブとは違うプレッシャーがあるので、その分刺激がある。 

 

Leave a comment

    Add comment