In Chicago (27)

Every time I moved to a new place, I have been fortunate to be able to continue playing music. When I attend the local blues jams or sit in with featured bands for networking, I make an effort to perform my best. 

これまで知らない土地に引っ越しても、行く先々で音楽活動をやって来れた。当地でブルースジャムに参加したり、フィーチャーされているバンドのライブに飛び入りした時には、出来る限り質の高い演奏をできるよう努力をした。 

  

I usually prepare myself before I leave home however small the occasions are. Because if I leave good impressions to the club owners, musicians, and audience, good words could go a long way and lead to potential opportunities. 

ジャムセッションや飛び入り演奏に出かける前は、充分準備をしてから出かける。バーのオーナーや、ミュージシャン、聴衆に強い印象を残すと、次第にクチコミで噂が広がり、やがてチャンスに繋がるからだ。 

  

Open blues jams are for the venues to attract customers, and therefore, the experience levels of musicians vary. It is unpredictable how the songs would end up with the players I have never met before. But that is essentially the fun part of blues jams because spontaneity and improvisation would play a big roll. 

店が集客のためにやるブルースジャムでは、参加しているプレーヤーの経験もマチマチで、特に知らない相手とは、自分の意図通りに演奏できるとは限らない。が、それはそれで、自発性や即興性が発揮できるジャムセッションの醍醐味でもある。 

  

In Chicago, there are so many great musicians playing the blues, in particular, countless number of guitar players in town. Accomplished players are naturally self-motivated to practice hard. For me to try to stand out by a nose among them, I have to have my own style. Singing is also crucial if I am to be remembered when I play in public. 

シカゴには優れたブルースミュージシャンが多い。特にギタリストの数は、掃いて捨てるほどだ。水面下の努力など誰でもやっているから、その中で鼻の差でも抜き出ようとするには、自分のスタイルを持つことが大事だろう。ボーカルができると大きなプラスであるのは、言うまでもない。 

  

After all, what I have in me is nearly 40 years of digging the traditional Chicago Blues and my genuine passion to play the blues. 

自分にあるものは、40年近くシカゴブルースを聴き込んで来た耳と、ブルースを演る熱い気持ちしかない。

 

Leave a comment

    Add comment