In Chicago (25)

I was bitten by the blues bug in my high school days in Japan. Since then I subliminally aspired to come to the US someday. Musically all I had was my passion to play the traditional blues, in particular, so called the Westside Chicago Blues established in the 1960s by such legends as Otis Rush, Magic Sam, and Buddy Guy. 

日本での高校時代にブルースにハマって以来、いつかアメリカに行くことが潜在意識にあった。音楽的にやりたかったのは、特に1960年代にオーティス・ラッシュ、マジック・サム、バディ・ガイらによって創られたウェストサイド・シカゴブルースだった。 

  

In retrospect, if I disect my past three decades of living in the US, they consist of three parts: 

思い返すとアメリカでのこれまでの30年の生活は、大きく分けて3部から成る。 

  

(1) My school days in the Midwest. The easiest way to come to the US was to go back to school. Through some blues jams that I attended in my spare time, I landed weekly gigs in downtown Minneapolis. 

(1)中西部での留学時代。アメリカに来る一番簡単な方法が学生に戻ることだった。当地で参加したブルース・ジャムを端に、ミネアポリスの街のバーで毎週演奏して小銭を稼いでいた。 

  

(2) Worked daytime on the West Coast while playing music part time. In this period, I diversified my musical taste to soul, funk, and jazz. Encountering gospel music, through the church I attended while I was living in Los Angeles, prompted me to start my singing career. It was a bold move. 

(2)西海岸で、会社勤めをしながら副業として音楽を続ける。この間に、ソウル、ファンク、ジャズと聴く音楽の幅を広げた。ロサンゼルスに住んでいた頃、教会を通じてゴスペル音楽に出会い、自分でも歌うようになる。(日本で生まれ育って、アメリカで英語でブルースを歌うのは)大胆な行動であった。 

  

(3) Being a full time musician. I am still surviving after I left my day job 5 years ago. Coming to Chicago last Fall was my long time dream come true. Anything that happens in Chicago beyond this point would be a bonus for me. Meanwhile, I cannot take my time in Chicago for granted either. 

(3)フルタイムで音楽を演るようになったのは5年前で、今でもサバイバルしている。シカゴに来ることは長年の夢だった。今後シカゴで起こることは、自分にとって“ボーナス”以外の何物でもない。一方、シカゴに住んでいる時間は、大切にしなければならない。 

  

It is the process to make my dream come true that has always been the most fun part and not necessarily the result by itself. Because every time I reached a milestone in my life, that is when I usually start aiming higher and going for more. 

夢を実現するプロセスはいつも、必ずしもその結果そのものよりも一番楽しむことができる。それは人生で、ある道しるべに到達すると、その時点でいつも次の夢を見てもっと前へ進もうとし始めるからだ。

 

Leave a comment

    Add comment