In Chicago (24)

When I came to Chicago last Fall, my intention was to find a working band to join first so that I can gain some exposure in the town where I was new. It was fortunate for me to be able to launch my own band much sooner than I expected. 

昨秋シカゴに移ったとき、顔と名前が知られるまで、最初は当地のバンドに雇ってもらうつもりだった。しかし、運よく自分のバンドが思ったよりもはるかに早く滑り出した。 

 

Having my own activities was my ultimate goal. Because that is the only way to be in control of what I do. It is like being an owner of small business. 

自己の活動をするのは、究極のゴールだ。それは、自分のやりたことをやりたいようにやれる唯一の道だからだ。いわば、小さな事業主になるようなものである。 

 

Now whether I can bring my band to the renowned blues clubs in the city remains to be seen. Probably it would take years of effort to build followers of my own. 

今後、自己名義のバンドで都市部の有名なブルースクラブにブックできるかどうかは、まだまだこれからやってみないとわからない。おそらく、ファンがつくまで何年もかかるだろう。 

 

And yet I believe in dreams and that is what makes me tick on daily basis. There is a clear line, however, between dreaming and wishfully thinking. Pragmatic optimism is what makes this country a land of opportunity. 

だが、夢を信じているからこそ日々前に進めるのだ。しかし、夢と希望的観測には大きな違いがある。現実的な楽観主義が、アメリカをチャンスのある偉大な国としてきた。 

 

I have a lot to do to keep moving forward. I have no time to be bored. 

これからもやることは山積みしているし、退屈している暇などないのだ。

Leave a comment

    Add comment