In Chicago (17)

For the first couple of months after I came to Chicago last Fall, I randomly attended as many blues jam sessions in town as possible. I have been more focused lately. It was an efficient way of networking. 

昨秋シカゴに来てから最初の2か月ほどは、 ランダムにあらゆるブルースジャムセッションに参加していたが、 このごろはもう少し焦点を絞っている。 ブルースジャムは人脈作りに効果的だ。 

 

Recently several bands have always let me sit in on their stage so that I can gain exposure in public. I am also grateful for the club owners and staff who have been very supportive. 

最近では、 演奏を聴きに行くと必ずステージに上げてくれるミュージシャンと のネットワークができた。 その強いサポートや幾つかのクラブで顔馴染みになったオーナーや スタッフの方々には非常に感謝している。 

 

I now have a good network with the local musicians to start my own band activity, in parallel with seeking some freelance work or a band to join. 

幸い自分のバンドを組めるだけのミュージシャンとの繋がりもでき てきた。来月、シカゴ郊外で自身のリーダーバンドでやるライブも 2回目になる。 

 

The next phase is to increase my gig booking, but this will be the most difficult and time consuming. There are many high quality blues musicians in this town, and yet the number of venues to perform is limited. 

次のフェイズは、 ライブのブッキングを徐々に増やして行くことだが、 これが一番の難関で時間もかかるだろう。シカゴのブルース・ ミュージシャンは質も量も高く、演奏できる場は限られている。 

 

In any case, Chicago winter is no joke after I lived on the West Coast for over twenty some years. But it is one of the ingredients for Chicago Blues. 

それにしても、西海岸の温暖気候に慣れてしまった後では、 シカゴの冬は厳しい。が、 それもシカゴブルースを構成する要素だろう。 

 

I realize that Sonny Boy's "Nine Below Zero" well represents the blues in Winter here. 

サニーボーイ・ウィリアムソンの有名な"ナイン・ビロー・ゼロ" という曲では、それは摂氏ではなく、 華氏温度 (-9F) だからとんでもない寒さだ (-23C)。

Leave a comment

    Add comment