In Chicago (15)

オマー・コールマンと連絡を取り始めたのは約1年前だった。 オマーがソーシャルネットワークに、 新しいメンバーを常に求めていると書き込んでいたのが目に留まっ たのがそもそものきっかけだった。 

It was about a year ago when I communicated with Omar Coleman through a social network for the first time. His post searching for new players to add on his list got me very curious. 

 

6月にシカゴブルースフェスティバルで彼のパフォーマンスを初め て観た後、この秋に僕がシカゴに来て以来、 数回彼のステージに飛び入りさせて貰った。 その力強いハーモニカもさることながら、 オマーの歌の巧さは群を抜いている。 

I saw his performance during the Chicago Blues Festival in June. After I came to Chicago this Fall, I had the pleasure of sitting in with his band a few times. Not only he is a great harmonica player, he is also an outstanding singer. 

 

ステージでバックのメンバーが思い通りに動かないと、 不機嫌になるシンガーがいる。実はかくいう自分もそうだ。 回りの状況に自分のパフォーマンスが影響されてるうちは、 まだまだ未熟といえる。 

When support members do not play a song in the way you want it to be played, some people including myself, get affected. 

 

オマーの場合、 どんな状況でもそれに応じて、 自身の歌唱力で持って曲をドライブする強さがある。 大したミュージシャン・シップだ。 

Omar drives songs home strong in any situation. It is a remarkable musicianship. 

 

昨夜シカゴ近郊で初めて一緒にやったライブは、 年末のホリデー気分の中盛り上がった。 次回のライブは来月のバディガイ'ズ レジェンド だ。 

Our first gig together last night was a success. I am looking forward to our next one in January. 

 

春に彼を同行する日本ツアーでは、 伝統的なシカゴブルースと、ソウ ルバラードおよびコンテンポラリーなファンクを取り混ぜる。 オマーの素晴らしいボーカルとハーモニカを是非体験してみてくだ さい。 

For my upcoming Japan tour featuring Omar Coleman in May, we will have a good mix of old school shuffle, soul ballads, and funk. Check out this Chicago Westside blues man for yourself. 

 

2018年は面白くなりそうだ。 

I am looking forward to an exciting new year. 

Leave a comment

    Add comment