Have I seen enough of Chicago? シカゴをもう堪能したのか?

 

It has been a year and a half since I came to Chicago in 2017. As a new comer, I have done fairly well playing many gigs including my own in the past year. 

2017年にシカゴに来てから1年半になる。過去一年の間に、自分のバンドも含めて多くのライブをこなして来た。 

  

Recently I have moved to the city of Chicago from the suburb to stay closer to the blues scene of this town. Accordingly my living cost went up substantially. As the late Mr. Otis Rush song goes, “Ain’t Enough Coming In To Take Care Of What’s Got To Go Out”. 

シカゴのブルース・シーンの近くに居る目的で、最近になって郊外から市街地に引っ越した。それに伴い生活費もアップした。故オーティスラッシュ氏の曲にもあるように、出ていくものの方が入ってくるものよりも多いというわけだ。 

  

I am practically living in my dream day to day by playing the blues in this town, the home of Chicago Blues. But I have already seen both good and bad sides of it. If I continue staying here, it is for the love of the blues. 

実際のところ、シカゴブルースを生んだこの街でブルースを演ることで、日々自分は夢の中に居る。しかしこれまで既に、この街の良いところも悪いところも両方見てきた。今後もここに居残るとすれば、それはブルースがこの上なく好きだからだ。 

  

In my humble opinion, being impressed by music performance is one thing, but being inspired is another. I would be more than happy if I could ever play the blues that inspires the audience in my life time. That is what I strive for. The show must go on. 

私見ながら、音楽を聴いて感心をするのと、感動をするのとは、似て非なるものがある。生涯の内に、聴衆を感動させられるようなブルースを演奏出来れば、それは冥利に尽きるだろう。まだまだ、ショーはこれからも続く。

Leave a comment

    Add comment