Attempt to be a multi-instrumentalist 複数の楽器を演奏する試み

 

I have recently started playing bass guitar at local blues jams. A few months ago I also started playing drums as a jammer as well 

先日、当地のブルース・ジャムセッションでベースギターを弾き始めた。数ヶ月か前には、ドラムでもセッションに参加している。 

  

Knowing how to play multiple instruments helps to know exactly what I want for my band sound. 

複数の楽器を演奏することは、自分の出したいバンドの音を知るのに役立つ。 

  

The early practice method that fits me best is to find a whole album with varieties of songs that I can play along with day to day. I have a few of those for bass and drums, respectively. 

自分に適した初期の練習法は、色々な曲調の入ったアルバム一枚全体を通して、日々それに合わせて音を出すことだ。ベース用とドラム用に、それぞれ数枚ずつ練習用のアルバムがある。 

  

For example, The Aces’ two studio albums are classic text books to play the traditional Chicago Blues. 

例えば、ザ・エイシズのスタジオ・アルバム2枚は、伝統的なシカゴブルースの古典的な教科書だ。 

  

In my opinion, whether I can be fluent in new instruments or not depends on the product of intensity and durations of practice. It would take years of effort to be consumable in public. 

新しい楽器をある程度モノにできるかどうかは、練習の集中度と長さの積によると思う。ライブで演奏できるようになるまでは、何年もかかるだろう。 

  

As I already play guitar and harmonica, I am now headed toward all one-man band recording in the not too distant future. 

僕は既にギターとハーモニカを演奏している。そう遠くない将来、楽器を全て自分で演奏するワンマンバンドでアルバムを録音したいものだ。

Leave a comment

    Add comment